デンマークオープンラクシャセン、8強戦書日本奈良岡小台へ

Estimated read time 1 min read

コモンウェルズゲームチャンピオンのLakshya Senは、デンマークのオープンスーパー750トーナメントで開催されたインドのキャンペーンの幕を閉じるために、男子シングルス8戦で日本のKodai Naraokaに1連覇されました。

2021年世界選手権大会銅メダリストセンは金曜日の夜に開かれた2018ユースオリンピック銅メダリスト奈良岡に17-21 12-21で敗れた。

2人は国際サーキットで3回走り、日本は2回勝った。 興味深いことに、センは去る2018年ユースオリンピック準決勝戦で彼を破った。

しかし、日本から来た21歳のこの選手は、金曜日の試合の大部分で先に進むために圧倒的なパフォーマンスを見せてくれたため、厳しい顧客であることが証明されました。

5-2でリードを握った奈良岡は、1ステージで13-9で優位を占めた。 Senは15-14に細いリードをつかみましたが、日本は急速に誇りに思う権利を得るために行きました。

Naraokaが5-1に進んだ後、インターバルから11-3に膨らみ、Senの2番目のゲームでは状況が悪化しました。

奈良岡は引き続き試合を支配し、13-6に移った。 Senは次の3点を獲得したが、Naraokaはすぐに反撃し、ライバルの扉を閉めた。

(このレポートの見出しと図のみがビジネススタンダードの従業員によって変更された可能性があり、残りのコンテンツはシンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  2023年日本通貨ベースが2年ぶりに初めて増加
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours