データ漏洩警告:Sarku Japan | コンソールとアソシエイツ、PC

Estimated read time 1 min read

最近、Sarku Japanは、会社がデータ侵害を経験し、社会保障番号を含む機密情報が漏洩したことを確認しました。 最大28,298人 破損しています。

データ侵害の通知を受け取った場合は、何が危険にさらされているのかを理解することが重要です。 それだけ データ侵害弁護士 Console&Associatesでは、PCは情報が公開されている人々に代わってSarku Japanのデータ侵害を積極的に調査しています。 この調査の一環として、個人情報の盗難のリスク、自分を保護するためにできること、および報酬を受けるための法的オプションについて詳しく知りたい違反の影響を受けるすべての人に無料の相談を提供します。 サクジャパン。

昨年、1,862件のデータ侵害が1億8,900万人以上の人々に影響を与えました。 平均して、個人情報の盗難の被害者は、身元を回復するために200時間と1,300ドル以上を消費します。 多くの被害者はまた、感情的な苦痛、信用の損害を被り、犯罪記録として残ることがあります。 即時の措置を取ることは、データ漏洩による最悪の結果を防止する最良の方法です。

Sarku Japan データ漏洩についてこれまで知っていること

同社の公式文書によると、2022年2月6日、Sarku Japanは、承認されていない当事者がコンピュータネットワークの特定の部分にアクセスできることを認識しました。 これに対して、会社は影響を受けるすべてのファイルを確認して、消費者情報が破損しているかどうかを確認しました。 同社は、2022年2月10日にファイルレビューを完了した後、影響を受ける個人の名前、住所、生年月日、および社会保障番号が承認されていない当事者にアクセスできることを確認しました。 サルクジャパン攻撃で28,298人が被害を受けたと推定されます。

2022年3月16日、Sarku Japanは最近、データセキュリティ事故の結果、情報が破損しているすべての個人にデータ侵害通知の手紙を送り始めました。

Sarku Japanは、アメリカ全土のショッピングモールと独立したレストランで運営されているレストランチェーンです。 同社は現在、アメリカ、プエルトリコ、南アメリカで250以上のレストランを運営しています。 最初のSarku Japanレストランがマサチューセッツ州ボストンにオープンしました。 しかし、同社はカナダのオンタリオ州トロントに本社を置いていません。 同社は1,800人以上の従業員を雇用しており、約1億2,100万ドルの年間収益を生み出します。

データ侵害の原因とリスクに関する追加情報

多くの場合、データ侵害は、ハッカーが機密性の高い消費者情報を取得するために会社のコンピュータシステムに不正にアクセスした結果です。 ハッカーがSarkuを目指している理由は誰にもわからないが、ハッカーや他の犯罪者はネットワークに脆弱なデータセキュリティシステムや脆弱性があると考えられる企業を特定するのが一般的です.

サイバー犯罪者がコンピュータネットワークにアクセスすると、感染したサーバーに保存されているすべてのデータにアクセスして削除できます。 ほとんどの場合、データ漏洩が発生した企業はアクセス可能なファイルを識別できますが、ハッカーが実際にアクセスしたファイルやデータを削除したかどうかを会社に知ることができない場合があります。

データ侵害のためにお客様の情報が損なわれたという事実は、必ずしも犯罪目的に使用されることを意味するわけではありませんが、データ侵害の被害者になることは、機密データを承認されていない人の手に渡します。 その結果、あなたは身分の盗難やその他の詐欺のリスクを高め、あなたの情報を犯罪的に使用する可能性を無視してはなりません。

これらの現実を考えると、Sarku Japanデータ侵害の通知を受けた個人は、状況を真剣に受け入れ、不正行為の兆候があることを確認することに注意する必要があります。 Sarkuなどの企業は、所有する消費者データを保護する責任があります。 Sarkuがあなたの機密情報を適切に保護していないという証拠が表示された場合は、データ侵害訴訟を通じて財務上の報酬を受けることができます。

サルクデータ漏洩による消費者救済策は何ですか?

顧客がSarkuとビジネスをすることに決めたとき、彼らは会社が彼らのプライバシー問題を真剣に受け入れると考えました。 また、消費者は、情報が安全ではないことを知っている場合は、会社に自分の情報へのアクセスを許可する前にもう一度考えます。 したがって、このようなデータ侵害は、企業データセキュリティシステムの妥当性に関する質問を提起する。

企業、政府機関、非営利組織、学校、またはその他の組織が消費者データを受け入れて保存するときに、この情報を非公開に保つ必要がある法的義務も受け入れます。 米国のデータ侵害法は、消費者が自分の情報を保護しない組織に対して民事データ侵害訴訟を提起することを可能にします。

もちろん、最近Sarku Japanデータ漏洩事故を考えると、事件の調査はまだ初期段階です。 そして現在、Sarkuが違反に対して法的責任があるという証拠はまだありません。 ただし、侵害とその原因に関する追加情報が開示されるにつれて変更されることがあります。

Sarku Japanに対してデータ漏洩集団訴訟を提起する能力について質問がある場合は、できるだけ早くデータ流出弁護士に連絡してください。

Sarku Japanデータ侵害の通知を受けたらどうなりますか?

Sarku Japanがお客様にデータ侵害通知書を送付した場合、お客様は最近の侵害により情報が損なわれた方の一人です。 今は戸惑う時ではありませんが、状況に注意を払わなければなりません。 以下は、身分の盗難やその他の詐欺行為から身を守るために取ることができるいくつかの重要なステップです。

  1. どの情報が破損しているかを確認します。 データ漏洩を知った後に最初にすべきことは、送信されたデータ漏洩対応を慎重に確認することです。 手紙は、権限のない当事者があなたの情報にアクセスできる情報を伝えます。 手紙のコピーを作成し、記録用に保管してください。 手紙を理解するのに問題がある場合、または自分を保護するために取られる可能性のある措置がある場合は、データ侵害弁護士が助けることができます。

  2. お客様のアカウントへの今後のアクセス制限: あなたの情報のどれが侵害の影響を受けているかを確認した後、最も安全な方法は、攻撃を調整するハッカーがあなたのデータを盗んだと仮定することです。 そうではないかもしれませんが、申し訳ありませんよりも安全な方が良いです。 アカウントへの今後のアクセスを防ぐには、すべてのオンラインアカウントのすべてのパスワードとセキュリティに関する質問を変更する必要があります。 これには、オンラインバンキングアカウント、クレジットカードアカウント、オンラインショッピングアカウント、個人情報を含む他のすべてのアカウントが含まれます。 ソーシャルメディアアカウントのパスワードを変更し、可能であればマルチレベル認証を設定することも考慮する必要があります。

  3. あなたの信用と金融アカウントを保護してください: データ漏洩後、企業は影響を受ける当事者に無料のクレジット監視サービスを提供することがよくあります。 無料のクレジット監視に登録すると、いくつかの重要な保護が提供され、違反に対する法的責任があると判断された場合、会社を対象にデータ違反訴訟を提起する権利に影響を与えません。 詐欺や不正行為の兆候が見られなくても、信用調査機関に連絡して信用報告書のコピーを要求する必要があります。 アカウントに詐欺アラームを追加すると、追加の保護が提供されます。

  4. クレジット凍結の実施を検討してください。 クレジットの凍結は、他の人があなたのクレジットレポートにアクセスするのを防ぎます。 クレジットフリーズは無料で、削除するまで有効です。 クレジット凍結が設定されている場合は、すべての種類のクレジットを申請する必要がある場合は、一時的に凍結を解除できます。 アカウントにクレジット凍結を設定することは、過度に見えるかもしれませんが、関連するリスクを考慮すると正当です。 ID盗難リソースセンター(「ITRC」)によると、アカウントにクレジットフリーズを設定することは、「新しいクレジット/金融アカウントの開設を防ぐための最も効果的な方法」です。 ただし、データ漏洩被害者の3%だけがアカウントを凍結します。

  5. クレジット レポートと財務アカウントを定期的に監視します。 データ侵害が発生したときに自分を保護するには、継続的な努力が必要です。 信用報告書とすべての財務勘定明細書を定期的に確認し、不正行為や詐欺の兆候があるかどうかを確認する必要があります。 また、銀行およびクレジットカード会社に電話して、データ漏洩によって情報が破損したことを報告する必要があります。

以下は、Sarku Japanが発行した最初のデータ侵害対応のコピーです。

~へ [Consumer]、

Sarku Japan(「Sarku Japan」)は、あなたの情報のセキュリティに影響を与える可能性がある最近の出来事について知らせるためにこの記事を書いています。 このイベントの結果、お客様の情報が実際に誤用または試行されたという表示は受けられませんでしたが、この通知は、イベントに関する情報、当社の対応、お客様の情報が誤用される可能性からお客様の情報を保護するのに役立ちます。になるリソースを提供します。 そうする必要があります。

どうしたの? 2022年2月6日、Sarku Japanは、承認されていない行為者が特定のSarku Japanシステムにアクセスし、そのシステムに含まれる情報が承認されていない行為者が閲覧または取得したことを発見しました。 したがって、我々は、潜在的にアクセス可能な個人情報を有する個人を識別するために、当該システム内の情報をレビューした。 私たちは2022年2月10日にこのレビューを終えました。 私たちはあなたの個人情報が実際に誤用されたか試されたことを知らないが、多くの注意を払ってこの通知を提供します。

どのような情報が関連付けられていますか? 調査の結果、あなたの名前、住所、生年月日、社会保障番号にアクセスできることが確認されました。

私たちがすること。 当社が管理する情報の機密性、プライバシー、セキュリティは、当社の最優先事項の一つです。 事件が分かると、私たちは事件を調査し、対応し、システムのセキュリティを評価し、潜在的に影響を受ける可能性のある個人に知らせるために迅速に動きました。 お客様を含め、潜在的に影響を受ける可能性のある個人に通知し、必要と思われる場合は、お客様の情報を最も保護するための追加の措置を講じることができます。 ご迷惑をおかけして申し訳ありません。 さらなる予防措置として、お客様の個人情報が実際に誤用または試みられた兆候はありませんが、Krollを通じて12ヶ月間無料で身元監視サービスを提供しています。

できること。 疑わしい活動のアカウント明細書と信用報告書を確認し、個人情報の盗難や詐欺事件に警戒し、疑わしい活動がある場合は、直ちに銀行または金融機関に報告することをお勧めします。 追加情報とリソースは同封されています プライバシー保護のために取ることができる措置。 利用可能な無料のアイデンティティ監視サービスを有効にできます。 アクティベーションの指示はこの手紙に含まれています。

詳細については。 さらに質問がある場合は、米国中部標準時を除き、月曜日から金曜日まで午前8時から午後5時30分まで専用サポートライン1-855-541-3570にお電話ください。 同封の会員番号をご用意ください。 添付

READ  日本円が米ドルに比べて歴史的最低値に下落:原因と結果を調べる
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours