理科

データ科学者コミュニティ「Nishika」が8300万ウォンを調達、特化された求人メディアも| TechCrunch Japan


データ科学者コミュニティ」Nishika」運営Nishika11月13日、第三者割当増資及び金融機関からの借入による総額8300万円の資金を発表した。 買収対象は、サイバーエージェントキャピタルG-STARTUPファンド(グロービス)、シナモンCAIO堀田創氏など。

また、AI人材とデータ科学者に特化した求人メディア」ニシカコネクト「2020年10月に発売を発表した。

今回の資金調達により、製品開発と人材採用を行い、ユーザの経験の向上、サービスの認知度の向上、新規事業開発を加速させる。

Nishika ConnectはAI人材データサイエンティストの就職・転職専門求人メディア。 世界的に問題となっているAI人材データサイエンティストの人材不足を解決することを目的として、2020年10月β版を発表した。データ科学者コミュニティ

Nishikaは、データ科学とAIの力によって、企業の経営課題を解決することを目的として2019年5月に設立。 2019年11月のサービス開始以来、累計1600人以上のユーザーが、会社の競争に参加しているという。 ユーザーの半数以上が20代であり、30代まで含めると90%を占めるなど、若年層が中心としている。

2020年3月には、AIとデータ科学の疑問を解決するQ&A掲示板を実装するなど、データの科学者コミュニティの活性化と企業のAI活用・DXの推進に寄与している。

会社のデータ科学大会は、数百人のデータ科学者がAIモデルの精度を競うという大会で、これまでの公募展の開催実績は6回。 期間は2〜3ヶ月に渡って実施されるのが一般的であり、最終的には最高の精度を達成した機械学習モデル(AIモデル)を開発したデータの科学者が優勝賞金を受けることができる。 公募ホスト企業は、自社のデータに最適化することで、勝者が独自に開発したAIモデルを自社システムに実装することが可能になる。

関連記事
吉野家とIdeinがAIオープンイノベーションプログラム」⽜丼テック」募集開始
Facebookの判別公募はディープ偽抑制に有望第一歩
アフリカのZindiはこちらの複雑な問題をAIと機械学習の解決
英国の国民保険サービスが6500万ウォンの資金を投じて新型コロナ技術コンクール開催
Googleは、データ科学と機械学習コンクールプラットフォームKaggle引数

カテゴリー: 人工知能・AI
タグ: Nishika資金調達(用語)日本の

READ  相対性理論の「時間遅延」は、単30cmの高さから発生 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close