エンターテインメント

デーモンスレイヤー映画が日本での記録を更新した後、最終的に米国に来る

素晴らしく大人気アニメ デーモンスレイヤー 日本で得ることができるように興行成功を収めました。 「Mugen Train」の漫画本を脚色した映画は、日本の歴史上最も高い収益を上げた映画です。 今の映画はAniplex of AmericaとFunimationで配給された4月23日、米国とカナダで公開された映画をはじめといよいよ北米に進出します。

真のアニメスタイルの映画の公式タイトルは少し口に満ちている。 Demon Slayer – Kimetsu No Yaiba – The Movie:Mugen Train。 しかし、それが映画の興行支配から映画をふさがはでした。 10日ぶりに日本で1億ドルのマイルストーンを突破しており、以降、全国だけでほぼ4億ドルを稼ぎ、宮崎駿を抜いて たくましく距離 巨大な 歴代の記録。

この映画は、Rの評価を受けており、1時間57分の間進行されるので、ファンタジーアニメの美しくアニメーションハイオク戦闘のファンが血私はよく構成された戦闘シーンを見ることができます。 また、4DXとIMAX上映とダビングや字幕版があります。 AniplexとFunimationによると、視聴に興味がある人は、 ムゲン列車 家庭でのデジタル購入やレンタルがAmazon、Apple TV、Google Play、Microsoft Store、VuduとPlayStation Storeで配布されている6月22日まで待機します。

慣れていない方のために デーモンスレイヤー 後藤が高陽日が書いたファンタジー漫画、若い剣客カマロもエタンジでは、悪魔に変身した後、妹を人間の姿に戻すの冒険を開始します。 ムゲン列車 特に物語の始まりと最初の数号アニメーションシーズン1の適応に基づいて漫画のストーリーラインの中間部分をカバーしています。 アニメーションは、有名なスタジオUfotableによって製作されており、これも映画をアニメ化しており、2021年いつか初演される第二シーズンを準備しています。

READ  ナオミ大阪、東京オリンピックをめぐり対立| キャンベラタイムズ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close