トップニュース

トッテナム、ボローニャと日本のDF武洋富安迎え入れ合意| サッカーニュース

トッテナムはボローニャのDFである富安だけヒロを迎え入れするために協議を開いた。

スパーズの新しいサッカーマネージングディレクターであるファビオ・パラティーチが日本代表チームとの潜在的な取引についてセリエAのクラブにアクセスしました。

ボローニャはセンターバックライトバックの両方で同じように快適なトミー野手に最小£17m(€20m)を望んでいます。

ライトバックSerge Aurierの未来は疑問に思います。 コートジボアール代表が去ろうとする中でJoe Rodonと契約したにもかかわらず、昨年の夏からセンターバックでの強化を模索しています。

スカイスポーツニュース ブライトンのTariq Lampteyと右バックポジションのNorwichのMax Aaronsのクラブの関心を既に報告した。

映像:
Tomiyasuはライトバックまたはセンターバックに同じ上手です。

センターバックで、彼らは昨シーズンFulhamで印象的なリースをした後、Joachim AndersenとSouthamptonのJannick Vestergaardが好きです。

一方、トミー獣は、昨シーズンのライトバックセンターバックでほぼ同じ数の試合を走ったが、22歳のアタランタとウディネーゼ戦ポジションで2ゴールを記録しただけの後衛でより印象的だった。

彼はまた、23個のキャップと日本のゴールを持っており、彼のボローニャの契約は、現在2024年まで行われます。

READ  南アフリカのコロナ変異ウイルスの国内初確認19日成田到着 - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close