理科

トップが「1日1食」という決定する脳科学的な理由食べないほうが集中することができ| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

※この記事は、青砥瑞人 “BRAIN DRIVEN性能が高く、脳の状態は「(ディスカヴァートゥエンティワン)の一部を再編集したものです。

動機を高めるために生活リズムで

ここでは、神経科学の解剖学的な見地から「神経科学の欲望5段階説」を唱えたい。 マズローの自己実現理論と比較して、人の欲望を探求する動機についてより深い理解を得ることができるだろう。 ここでは主に「神経科学の欲望5段階説」について説明する。

体のコンディションが重要な図表1からわかることができる。 下にある欲望が中脳の部位の刺激に大きな影響を与える。 健康、睡眠、生活リズムである。 この生活リズムが重要であり、脳の中にそのリズムを監視する脳の部位があることを考えると、この欲求を備えることが動機を把握するために重要なポイントになる。

つまり同期を把握するために動機だけ考えているのではなく生活リズムや心理状態などのシステムと一緒に検討していくことも必要である。

自分の動機が高くならないと感じたときは、気の科学的欲望5段階説の下部に自分の体調を確認してみるといいかもしれない。 どこか不調があれば、それがモチベーションに影響を与えている可能性もある。

意図した動機を持つためには自制心が必要

刺激は、トップダウンとボトムアップの2種類がある。

5段階説の下部の機能程度ボトムアップで(無意識のうちに近い状態)で誘発された上部の機能程度トップダウン(意識)に誘引される。 たとえば、「空腹」「眠い」などは、ボトムアップの動機であり、無意識のうちに誘引される。 一方、「それを考えてみよう」「この勉強をしましょう」などは、トップダウンの動機に意識的な誘引が必要な場合が多い。しかし、どの同期の方があなたに強く作用するのだろうか。一般的に、ボトムアップの動機の方が強い告げる。

高次元の情報の処理と学習よりも生存に必要な刺激が優先されやすいのは理解できる。

しかし、あくまでも優先」になりやすい」という理由だけで、必ずハヒャンシクガ優先されることはないと言うことはない。

このボトムアップ同期を制御しながら、トップダウンの動機に基づい情報処理を実行するために、インドが「自制」である。 さっきも言ったように、ボトムアップの動機がより強く影響を簡単にので、自制心を持つ予定した動機のために重要なものである。

READ  Google Earthで見る地球の驚くべき地形(平アサヒコ海洋研究開発機構)| ブルーボックス

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close