経済

トヨタ、コロナ19余波で日本一部工場生産中止

2021年12月14日、日本東京で開かれたバッテリーEVに対する会社の戦略説明会で、Toyota Motor Corporation自動車を見ています。 REUTERS/キム・ギョンフン/ファイル写真

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、8月9日(ロイター) – トヨタ自動車(7203.T)がコロナ19拡散で日本中部工場のある生産ラインで夜間勤務を中断した後、火曜日から夜間勤務を中断すると明らかにした。 月曜日の夜にも。

今回の中断は、日本の自動車会社が中国のCOVID-19ロックとグローバルチップ不足のため、4-6月四半期に繰り返し生産量を縮小し、最初の計画目標より約10%減少した後、生産を本格的に増やそうとしたことにより行われます。 。 。

愛知県津津工場で計16人の労働者がコロナ19に感染し、運営に必要な十分な労働者を確保することが難しいと会社は火曜日の声明で明らかにした。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

スポークスマンは、ロイターがこの中断によって約660台の車両生産量に影響を与えると述べた。

トヨタは去る7月末と同じ理由で他の工場で2日間の夜間勤務を中断した。 もっと読む

販売基準 世界最大の自動車メーカーは、2023年3月までの年間グローバル生産目標である970万台を達成し、今月から生産量と販売が回復傾向を見せていると明らかにしました。 もっと読む

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Sugiyama Satoshiによる報告、Louise HeavensとBernadette Baumの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本株購読サービス香港・シンガポールに拡大

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close