エンターテインメント

トヨタ、チップによる減速後12月に完全生産復帰

記事の内容

日本本社は報道資料を通じて「以前の減産影響からの回復を含め、12月には80万台水準に復帰すると予想する」と明らかにした。 2020年12月、トヨタのグローバル生産量は約76万台だった。

同社は会計年度900万個の生産見通しを維持しており、「供給業者の協力の結果」5月以降初めて日本国内の14工場と28生産ラインの両方を正常稼働すると明らかにした。 2021.

トヨタは実際には言わなかった どのように 他の自動車メーカーが直面する問題を克服した。 それでも、一部の部品が不足していることを認識し、「サプライヤーとのサプライチェーンを強化するための努力を続ける」と、できるだけ多くの自動車をできるだけ早く顧客に提供するために最善を尽くします。

記事の内容

このトピックに関する追加情報

マイクロチップは、点火からインフォテインメントまで、多くの車両機能に不可欠ですが、COVID-19感染症のために供給が短縮されました。 人々が家にとどまると、自動車の販売が鈍化し、自動車メーカーがそれに対応して生産量を減らしたときに、サプライヤーから多くのチップを注文しませんでした。 同時に、人々が娯楽や在宅勤務のためにより多くのデバイスを注文するにつれて、電子メーカーはチップの購入を増やしました。 自動生産が再開されたとき、回るチップが十分ではなく、生産を増やすことは迅速で簡単な作業ではありません。

一部の自動車メーカーは、一部の工場を一時的に閉鎖したり、生産を大幅に削減した。 フォードはチップなしの車両を作成して改造できるまで保管しますが、GMはシリンダーの非アクティブ化やサーマルシートなどの機能を削除しました。 フォルクスワーゲンは2021年に不足した生産量を埋めることができないと明らかにし、テスラはUSBポートが全くない一部の自動車を出荷しました。

GMとFordは、将来の欠如の保険として、最終的に独自のチップを作るか、供給を制御するためにマイクロプロセッサ会社とパートナーシップを確立する計画だと述べた。

READ  Saint Snowが初の単独コンサートでエンジェル仲間との再会を希望する(ライブレポート/写真8枚) - 音楽ナタリー

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close