経済

トヨタ、供給梗塞緩和で日本の生産量を正常化

トヨタ自動車は供給不足が緩和され、日本14工場の28生産ラインがすべて7ヶ月ぶりに正常に戻ると金曜日発表した。 月。

日本約30万台、海外50万台などの生産量見通しは昨年12月に約76万台と比較される。

新種コロナウイルス感染症(コロナ19)ファンデミック(世界的大流行)による東南アジア部品不足現象が改善され、生産が正常化した。 しかし、トヨタは今年3月までに全世界で900万台の車両を生産する計画を守った。

世界で最も売れている自動車メーカーであるAFP通信は「私たちはサプライヤーとのサプライチェーンを強化するための努力を続け、最大限多くの自動車を顧客にできるだけ早く提供できるよう最善を尽くす」と述べた。

また、11月には85万~90万台の記録的な生産量を期待している。 トヨタは今月、全世界生産量が当初計画の100万台から最大15万台に減ると明らかにした。

しかし、これまで12月に生産されると思われる車両の数は入手できなかった。

多くの自動車メーカーは、ファンデミックによるグローバル半導体供給危機やその他の部品不足によって大きな打撃を受けています。

日本の自動車会社は特に9月に生産量を大幅に削減しなければなりませんでした。 当時の世界生産量は前年同期比39%、日本生産量は55%減少しました。

10月のグローバル生産量も前年比約30%減少すると予想される。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  米国景気刺激策の後、アジアの株式市場本庄、利益を実現

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close