経済

トヨタ、川崎水素エンジンの構築と広報に総力

読売新聞写真
トヨタ自動車の豊田明夫社長(右)と川崎重工業社長の橋本康彦が9月3日、栃木県もてぎでバイク用水素エンジンを搭載したオフロード車両を運転している。

トヨタモーター株式会社は、主要バイクメーカーの川崎モーターズ株式会社と協力してオートバイ用水素エンジンを開発し、国内外での使用を拡大しています。

トヨタは、環境にやさしい車両の商用化を本格的に推進するとともに、オートバイ産業とデータや問題を共有することを目指しており、この動きは自動車と自転車の両方のための水素エンジンの開発を加速すると考えています。

境界を越えて

今月初め、豊田明夫社長は栃木県のモビリティリゾートもてぎサーキットで水素動力オフロード車を実演して実演した。

車両に搭載された水素エンジンは川崎モーターズ株式会社が開発したバイク用です。 川崎重工業株式会社のバイク部門を担当する子会社です。 同社はトヨタ、デンソー株式会社。 その他の企業と協力してエンジンを開発した。

豊田はイベントで記者たちに「二酸化炭素排出を減らすための多様なオプションがなければならない」と話した。 「政府が規制で阻止せず、こうした技術革新で成果物を支援してほしい」

水素エンジンは川崎製大型オートバイNinja H2用エンジンを修正したバージョンです。 同社は、北米やその他の市場でオートバイメーカーが販売する四輪車に装置を設置しました。 部品やその他のコンポーネントは、水素パワートヨタコローラに使用されているものと同じです。

川崎氏は、同社は、オートバイと自動車の境界を越えて共同で協力するという豊田の要請に応じてプロジェクトに参加したと述べた。 デザイン過程は12月に本格的に始まった。

同社はこの技術を使用して、日本の他の主要なオートバイメーカーであるSuzuki Motor Corp.、Honda Motor Co. そしてヤマハモーターと一緒にオートバイを脱炭素化する予定です。

読売新聞写真
川崎自動車関係者がオートバイ用水素エンジンについて説明している。

液化技術

水素エンジンはガソリンの代わりに水素を燃焼させ、エンジンオイル燃焼以外にはCO 2 は排出されない。 水素で生産された電気でモータを駆動する燃料電池車とは異なり、水素車の基本構造はガソリン車と同じであるため、日本メーカーがすでに保有している部品と技術を適用することができる。 開発。

トヨタの水素エンジン車両が去る9月3~4日、モテギコースで開かれた5時間耐久レースを完走した。 去る5月のレースに参加してから1年が過ぎ、去る5月の車両生産量がガソリン車両を越えた。 同じクラス。

トヨタの佐藤浩二営業担当者は9月4日、記者たちに「過去1年間で地形が確実に変わった」とし「難しさがあるが、今、私たちがすべきことが明確だ」と話した。

トヨタも飛距離を増やすため、現在のように気体ではなく液体形態の水素を活用する技術を研究している。 液体水素の体積はガス体積の1/800であるため、タンクにはるかに多くの燃料を積み込むことができます。

温度制御などの問題が残っているが、今年が行く前に大会参加を目指してこのシステムを搭載した車両の試乗をトラック上で進めている。

自覚する

しかし、水素車の商用化には多くの障害がある。 エンジンと車両をさらに発展させ、水素充填所を増やし、法規を改善する必要があります。

トヨタは水素エンジン車両が日本に限定されたくないので、会社は外国企業や組織と協力する必要があります。

プロのレースドライバーは、水素エンジン車はガソリンエンジン車と変わらないと言いますが、これらの車はヨーロッパとアメリカであまり知られていません。

認識を高めるために何ができますか?

トヨタは去る8月、ベルギーで開かれたワールドラリー選手権で水素車を実演した。 この車両が海外で初めて公開されたのは、豊田が直接実演で実演した車両でした。

同社は水素エンジン車の高性能を推進し続けると述べた。

豊田は記者たちに「私たちがこのような努力を続けながら水素が未来のための選択だという認識で言論と世論が変わった」と話した。 「まず、私たちは人々がそのような車両を見て感じたいのです」。

READ  韓国訪問後、日本のバイデンは経済、安全保障の懸念に重点を置いています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close