経済

トヨタ、新型ミニバン「シエンタクロスオーバー」を台湾で発表 – Car Watch

台湾で発売されたシエンタクロスオーバー

トヨタ自動車の台湾の代理店であるHotai Motor(華泰汽車)は12月7日(現地時間)、小型ミニバン「シエンタ」の安全性を強化すると同時に、「シエンタクロスオーバー」を発表・発売した。

シエン乗る2016年に正式に台湾に導入されて以来、ボディサイズ、様々なシート配列による利便性、乗り心地の良さを考慮して低床設計、両方のスライドドアなどのユーザーから高い評価を受けました。 4年間の累計販売台数は5万6000台を超え、台湾の小型MPV販売1位を継続的に維持しているという。

今回安全性向上は、ユーザーに、より良い運転環境を提供するために、TSS(Toyota Safety Sense)と6つのSRSエアバッグが導入されて、安全性が大幅に向上した。

ボディ下部にブラックトリムを装備。 前後の中央にはシルバートリムを取り付け活性を表現。 エンジンは、ガソリン車のみで、直列4気筒1.5リットル(最高出力107PS / 6000rpm、最大トルク140Nm / 4200rpm)、直列4気筒1.8リットル(最高出力140PS / 6200rpm、最大トルク171Nm / 4000rpm)の2種類を設定します。ボディサイズは4260×1695×1675mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2750mmで、日本で販売されているシエンタとすべて同じサイズ

スタイリッシュな外観と2トーンのインテリア

最近、台湾のトレンドに対応するために、シエンタクロスオーバーに採用された新しいデザインで、フロントの両方で、サイドスカート、リアバンパー、テールゲートまで傷がつきにくいトリムを備えています。 また、前後バンパーの下部には、シルバーロアスポイラーを装着して、よりスポーティーに。 また、ブラックのループスポーツループトリム、リアウイングと専用エンブレムも備え、より魅力的な外観に仕上がっています。

インテリアはブラック・ブラウンの新色デュアルカラーデザインを採用。 ブラウンとブラックを重ね小屋の質感を向上させ、自発光のインストルメントパネルと4.2インチのカラーMIDを標準装備、インテリア全体の技術の感覚を高めている。

ブラックブラウンインテリア

制御が進化して、セキュリティも強化

よりよい制御性能を提供するために、シエンタクロスオーバーは、16インチのアルミホイールと専用スポーツサスペンションを特別に開発した。 シミュレーションとテストを繰り返し、台湾の道路環境に最適のダンピング設定と車体の高さに設定します。 フロントダンピング係数は16%、リア減衰係数は31%、サスペンションの高さが20mmに増加しているため、運転者の視界がよくなるだけでなく、路面のルーへの対応やロールの抑制も優れているとしている。

また、TSSが内蔵されて、カメラとレーダーによって前方車両の状態を検出し、早期警報保護警告ブレーキサポートと衝突の衝撃を緩和する「PCS(プリクラッシュセーフティシステム)」を備えています。 LDA(レーンディパチャ警告)とAHB(自動ハイビーム)も搭載する。

READ  ビジネス特集消費増税で1年の生活に変化は? | 消費増税

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close