スポーツ

トヨタ、日本初バッテリー電気自動車発売、日産、セカンド電気自動車有谷発売

トヨタ自動車は、木曜日に日本初の大量生産バッテリー電気自動車をレンタル専用に発売します。 自動車メーカーは、この戦略がバッテリー寿命と再販価値に対するドライバーの懸念を緩和するのに役立つと述べたが、アナリストの目を引いた。

業界データによると、ガソリン – 電気ハイブリッドモデルは昨年日本で販売された乗用車の1%に過ぎない電気自動車(EV)よりもトヨタの国内市場ではるかに人気があります。 それにもかかわらず、市場は急速に成長しており、テスラ社をはじめとする外国の自動車会社は、東京のような都市の通りに顕著に進出している。

保険、修理費、バッテリー保証を組み合わせたトヨタは、最初の4年間でbZ4Xスポーツユーティリティ車両(SUV)を$ 39,000にリースし、最初の48ヶ月以内にキャンセルすると追加料金が発生します。

CLSAのアナリストであるChristopher Richterは、「日本ではEV収容が遅いが状況は変わり、トヨタは購入よりリースモデルに集中することで市場シェアを失う危険がある」と述べた。 「あなたがするすべてが購入を難しくするのはおそらく良いことではないかもしれません」と彼は言いました。

「これは私があまり好きではない戦略です。これはトヨタが内需市場を当然視しているという信号です」 トヨタは12月2030年までに自動車を電気化するために8兆円(620億ドル)を投入すると発表した。

トヨタは今年の会計年度に5,000台のSUVをリースすることを目指しています。 自動車メーカーは今年末、他の市場でbZ4Xの販売を開始する予定であり、一部のヨーロッパ諸国では​​すでに事前注文が開始されています。 トヨタは、日本で自動車販売をいつ開始するかを決めなかったと広報担当者は述べた。

東海東京研究所のチーフアナリストである杉井杏浦氏は、雇用主が提供するリースプログラムを通じてヨーロッパでEVが人気を集め、トヨタも電気自動車を普及するために同様の方法を試みていると述べた。

リースを提供するトヨタ事業部のKINTOの社長であるShinya Koteraは、最初の顧客は、バッテリ寿命と時間の経過とともに報酬の販売価値が低下する可能性について懸念していると述べた。

彼は電気自動車に対する「不安を解消することが私たちの役割」だと述べた。

業界データによると、2021年のバッテリー電気自動車の輸入はほぼ3倍増加した8,610台を記録した。 アナリストはそのうち約60%がTeslaであると推定しています。 それにもかかわらず、日本の自動車会社は純粋な電気レーンへの移行についてまだ慎重です。

トヨタは20年以上前にハイブリッドを開拓しており、バッテリーのEVラインナップを強化するために投資を行っているにもかかわらず、ハイブリッド車と水素動力車の両方に大きな野心を維持しています。

ライバルNissan Motor Coは2010年にLeafで大衆市場EVを開拓しましたが、木曜日には2番目のバッテリーEVモデルであるAriya SUVだけを発売する予定です。 Ariyaは、政府補助金を含まない$41,500相当の価格で販売される予定です。
ホンダ自動車は4月2030年までに世界的に30の電気自動車モデルを発売するという目標を立てた。
READ  日本、オリンピック公式旅行者数半減:Kyodo

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close