経済

トヨタ、発売から2ヶ月で初の量産電気自動車リコール

2021年11月17日、米国カリフォルニアロサンゼルスで開催された2021 LAオートショーで、2023 Toyota bZ4X純粋な電気SUVが展示されました。 REUTERS/Mike Blake

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、6月23日(ロイター) – トヨタ自動車(7203.T)は、車輪が緩む危険性のため、世界市場のために初めて量産された電気自動車(EV)2,700台をリコールすると木曜日明らかにした。

販売量基準世界1位の自動車メーカーがbZ4X SUVリコールを日本交通部に提出した。 2,700台の車両のうち2,200台がヨーロッパ、260台が米国、10台がカナダ、110台が日本に割り当てられた。

Subaru Corp(7270.T)も同じ理由でトヨタと共同開発した最初の純粋な電気自動車であるソルテラの約2,600台を世界中でリコールすると木曜日明らかにした。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

日本の安全規制機関は、急回転と急制動によりハブボルトが緩んで車輪が車両から落下する危険があると述べた。 欠陥による事故は認識できなかったと伝えられた。

規制当局は、より「永久的な」修理措置が確立されるまで、運転者に車両の使用を中止することを勧告しました。

日本でリコールされたすべての自動車は試乗と展示のためのものであるため、まだ顧客に導かれていないと自動車会社スポークスマンが言った。

トヨタ側は公式ホームページを通じて「ご不便をおかけした点心よりお詫び申し上げます。 「できるだけ早く修理を行ったはずなのに詳細を調べています。」

トヨタのスポークスマンは、すべてのモデルがリコール対象ではないと述べたが、全体的に何台を生産したかは明らかにしなかった。

スバルのスポークスマンは、スバルの場合、ほとんどの車両がディーラー用であり、米国の顧客に導かれたことはないと述べた。

今回のリコールは電気自動車市場の後発走者であるトヨタがリース専用オプションだが、電気自動車SUV bZ4Xを国内市場に発売してから2ヶ月も経っていない時点になった。

リースを提供するトヨタのユニットKINTOは、安全措置のために日本の3都市で計画されたプロモーション試乗イベントをキャンセルしました。

トヨタはガソリン自動車を段階的に廃止し、代わりに電気自動車を導入するほど迅速に行動しないという理由で一部の投資家や環境団体から批判を受けてきた。

同社は、さまざまな市場や顧客に合わせて様々なパワートレインを提供する必要があると主張し、批判に対して繰り返し反発した。

ガソリン – 電気ハイブリッドモデルは、業界データによると、昨年日本で販売された乗用車の1%に過ぎないEVよりも、トヨタの国内市場ではるかに人気があります。

それにもかかわらず、市場は急速に成長しており、Tesla Inc(TSLA.O)を含む外国の自動車メーカーが東京のような都市の通りに顕著に進出しています。

(この話は、第2段落でカナダでリコール対象車両の台数をトヨタが数値を修正した後、20代ではなく10台に修正)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

杉山さとし、白木真希 レポーティングジェーンメリマン、ベルナデットバウム編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  アドバイザーは日本政府に経済展望の見直しを強化するよう促す。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close