技術

トヨタ、自律走行のR&Dに、日本のスマートシティの構築

日本の名古屋 – トヨタ自動車が先端自動車でロボット工学と人工知能に至るまで、さまざまな技術のテストベッドとして機能するために火曜日未来型都市で正式に着工しました。

織機メーカーとして、トヨタの起源のうなずくはウーブンシティは富士山の近くにある、以前トヨタ工場の70万平方メートルの敷地を使用します。 ここでは、3つのタイプの距離があります。 一つは、自動車両、もう一つは歩行者用、もう一つは、個人の移動車両のユーザー用です。

地下道路は自動配送車両を収容することです。 人口は高齢者、子供、子供がいる家族やToyotaスタッフを含む、最終的に2,000人を超えることがわかった。

豊田章男トヨタ社長は「Woven Cityの揺るぎないテーマは「人間中心」、「生きている実験室」、「進化し続ける」ことだ」と述べた。 「多様な背景を持つ人々が幸せに暮らすことができる未来を作るために挑戦します。」

日本の自動車会社が、次世代自動車のサービスをベースにした都市開発に飛び込むのは珍しいことです。 実際の開発は、トヨタグループ社ウーブンプラネットホールディングスの単位であるウーブンアルファが務める。

パートナーには、Nippon TelegraphとTelephoneが含まれます。 トヨタとNTTは、2020年の資本と事業提携を結んでグローバル進出のためのスマートシティ・プラットフォームの構築を目指した。

READ  2021年2月10日ETtech夕方ブリーフィング:ツイッターがしっかりして、日本はクラブハウスを愛しています

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close