技術

トヨタ、障害者選手1人チアパラリンピック自律走行バス中断| 自律走行車

トヨタは選手村でパラリンピック柔道選手を追い越した自律走行バスの「過信」について謝罪し、サービスを一時的に中断すると発表した。

日本選手のAramitsu Kitazonoは「e-Palette」の車両との衝突の後切り傷や打撲が残って、この週末、彼の81kg部門で競争することができません。 彼の負傷は、トヨタの社長である豊田章男の個人的な介入を引き起こしました。

豊田は「事故で多くの方々が心配をするようになって大変申し訳ありません。 「車は人よりも強いので、当然、その人の状態を心配しました。 自律走行車が一般道路では、まだ現実的ではないことを示しています。」

トヨタは、東京、2020後援の一環として、選手村で、24時間対応のシャトルサービスを介して自律走行車を発表しました。

しかし、木曜日に視覚障害者の運動選手Kitazonoが歩いている間、バスのいずれかがT交差点から出発し、横断歩道を通過しました。

東京の警察は、車のオペレータが「人がいるということを知っていたと考えた。 [the person] 〜である [realize that a bus was coming] そして横断を停止 [street]」と朝日新聞によると、

豊田は金曜日この事件について謝罪しe-パレットバスの使用を一時的に中断すると発表した。

豊田は事故現場を直接訪問して、事故当時の映像を確認したりした。 彼は自律走行技術について「過信があった」と認めた。

KitozanoのコーチであるYoshiyasu EndoはJapan Timesに30歳の選手が順調に回復していると言いました。 「彼は自分をよく世話思いました。 残念ながら一番失望したようだ」と話した。

トヨタは声明を通じて「事故原因について自主的に徹底した調査を実施し、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会と緊密に協力して大会中の事故が発生しないようにする」と述べた。 未来。 “

READ  規制機関としてコンプライアンススタッフを倍増暗号化交換Binance

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close