経済

トヨタ、11月に生産量を減らしたが、年間目標は守った

2019年3月5日、スイスのジュネーブで開かれた第89回ジュネーブ国際モーターショーでカローラのモデルに適用されたToyotaロゴ。 REUTERS / Denis Balibouse /ファイルの写真

東京、10月15日(ロイター) – トヨタ自動車(7203.T)は、続くチップ不足のために金曜日、11月計画されたグローバル生産を最大15%減らしたが、12月からの生産量を増やすと述べた。 最新の年間生産目標。

日本の主要自動車メーカーは、プレスリリースで、11月に失われた生産量が反発する予定だった一ヶ月間計画していたよりも、11月に100,000〜150,000台の車をあまり生産と言いました。

これらの減少は、マレーシアとベトナム工場の部品供給がCOVID-19感染の増加により鈍化9月と10月に減少した後に出てきたものでありToyotaは3月31日までの年間生産目標を30万台から900万台まで縮小しなければならいました。

金曜日に会社は、その予測を固守している。 つまり、チップ工場が生産量を増やすことができるよう、東南アジアのCOVID-19感染率の減少に依存して、残りの事業年度中に生産を増やすことを意味します。

世界最大の自動車メーカーである熊野クラブ一成(Kazunari Kumakura)は、オンラインブリーフィングで、「何が起こるか予測することはできませんが、生産リスクが最も低い最悪の時期を経験していると思う」と語った。

トヨタは12月に縮小された生産を再開することを望んでい東南アジアの部品サプライヤーに供給を増やして生産損失を回復することを要請していると、自動車メーカーの計画に精通し、3人の情報筋が先にロイターに言いました。

トヨタの広報担当者は、9月から11月までの合計910,000台の生産量が減少すると言いました。

2011年の日本東北部の海岸を襲った大地震の後の支障に備え、サプライチェーンを強化した日本の自動車会社は、自動車需要が反発したが、部品不足で生産を削減した世界の主要な自動車メーカーの中で最後だった。

9月に中国の自動車販売は、人々が購入車が減ったため、1年前より5分の1に減少しました。

チップ工場を強制閉鎖することに加え、ファンデミクはタブレットやその他の電子デバイスの在宅需要を触発して、半導体不足を悪化させました。

トヨタは、まだ車両のための強力な需要を見ているので、12月に生産量を増やすしたいとKumakuraは言いました。

Tim Kellyの報告Christopher CushingとMark Potterの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  「Go To旅」「Go To伊藤「どんな制度? | 新型コロナ経済への影響

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close