Economy

トヨタの新型「GRヤリス」フルラインナップ展示が東京お台場「メガウェブ」で始まる – Car Watch

「GRヤリス」のフルラインナップ東京お台場メガウェブで9月末まで展示している

9月4日、トヨタ自動車の新型「GRヤリス」が発売されたことに合わせて、東京お台場にあるメガウェブトヨタシティショーケースでもGRヤリスの展示が開始された。9月4日現在展示されていたのは次の7台を記録した。展示車両のほか、「GR-FOUR」を搭載するシャーシも展示されてGRヤリス世界に多く接することができる内容となっている。

今回の展示内容は、9月16日に、いくつかの交換予定。 その後、9月末までに、今回の規模で継続される。 その後も他の展示車と一緒に展示されるが、評価は限定されるので、すべての成績をまとめて見るには、9月末までにメガウェブを訪問してほしい。 メガウェブトヨタシティショーケースは入場無料。 営業時間は11時〜19時。 中央休館日は9月8日、10月13日、11月9日、11月10日である。

7台のGRヤリスメガウェブの1階に展示されている

さて、9月4日に発売されたGRヤリス「世界のすべての道でも勝手に操縦の両方が安心して意のままに運転できる自動車」を目標にTOYOTA GAZOO Racing WRT(World Rally Team)によると、WRCで競争力のある自動車製作と外部の専門ドライバによる評価を受けることで誕生した自動車である。また、マスタードライバーの森出会いさんの「トヨタのスポーツカーを取り戻したい」という思いをもとに、トヨタで初めて「モータースポーツ用の車を発売する」は発想で開発されたものもあった。

そんなGRヤリス」空力、軽量、高剛性」を追求したパッケージとなっており、ベースモデルである「RZ」と試合ベース車「RC」は、新開発の直列3気筒1.6リットルインタークーラーターボG16E- GTS型エンジンと新開発されたスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を搭載している。トランスミッションは6速MT(iMT)である。

また、RZは「HighPerformance」という上位等級が用意されており、冷却スプレー機能空冷インタークーラーと前後の通話に座っルツェルンLSDが標準装備されている。 また、アルミホイールもBBS第鍛造アルミホイールタイヤはミシュラン製品のパイロットスポーツ4 Sが結合されている。

GRヤリスRZ “High Performance”の姿

GRヤリスRZ “High Performance”の室内

ここでは、RZ High Performance。 黒い部分が光沢

RZはマット仕上げになって

RZのリアホイール

RZ前輪

GRヤリス「RC」のモータースポーツ参戦ベース車両。 RZで走行に必要な機器以外を最大限排除して軽量化を実施

GRヤリスRCブレーキ。 ラリーの小径タイヤを使用できるように、ブレーキは、16インチの換気になっている

GRヤリスRCの屋内。 通常ゴムペダルれる

GRヤリスの走行を気軽に楽しむことができる評価で「RS」を用意。 ここの駆動方式はFFで、エンジンは直列3気筒1.5リットルM15A-FKS型エンジンにDirect Shift-CVTを組み合わせている。

このDirect Shift-CVTは、通常のCVTとは異なり、発振用デバイスを追加している。 したがってCVT機構側普段より高速側に対応することができますので、低速から高速域まで力強く直接走行が可能である。 操作面では、手動で変速操作感覚を楽しむことができる10段シーケンシャルShiftティック(パドルシフト)を装着している。

このように走る楽しさを味わうことができるパッケージながら燃費はWLTCモードで18.2km / Lという燃費なので、日常生活の中で、GRヤリスを楽しみたい人に魅力的な車がある。

GRヤリスRS。 ボディカラーは、プレシャスブラックパール

GRヤリスRSエンジンは直列3気筒1.5リッターエンジン(M15A-FKS)にDirect Shift-CVTを組み合わせ

また、今回の取材では、すでに他の記事で紹介している新型GRヤリス発売記念オンラインイベント「GR YARIS ONLINE FES」の目玉企画したマスタードライバーである「森の出会い」であるトヨタ章男社長がドライブGRヤリスの走行をVR(バーチャルリアリティ)に同乗体験できるイベントの簡略化されたバージョンをいち早く体験することができたが、ダートコースを攻撃森遭遇氏のドライビングテクニックをすぐそばで見ることができる(という仮想体験)は、必ず当日味わってもらいたいものだった。

したがって、9月はGRヤリスで盛り上がり期間になるので、9月16日のイベントへの参加と同時にメガウェブでGRヤリス全学年確認期間を楽しんでいただきたい。

新型ヤリス発売記念オンラインイベントGR YARIS ONLINE FESの目企画したマスタードライバーである「森の出会い」であるトヨタ章男社長がドライブGRヤリスの走行をVR(バーチャルリアリティ)に同乗体験できるイベントの簡易版体験

GRヤリスGR部品装着車(参考展示車両)

GRヤリスRZ “High Performance” 1st Edition(参考展示車両)

ヤリスWRC複製

GRヤリス競技用部品GR強化メタルクラッチ&カバーセット

送信

フロント1wayLSD(左)、リア1.5wayLSD

GR支柱タワーバー

競技用部品装着車

シリアル3気筒1.6リットルインタークーラーターボエンジンと新開発されたスポーツ4WDシステム「GR-FOUR “をじっくり観察することができるシャーシ展示

READ  第3極のOS用の舵に切った華。 IoTのための自己Harmony OSをスマートフォンに採用(ホンダ雅一) - Engadget日本版

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close