トヨタアイスアメリカ、ヨーロッパ、タイ工場でEVを生産

1 min read
読売新聞ファイル写真
トヨタ自動車本社

名古屋(Jiji Press) – トヨタモーターコーポレーションは、米国、ヨーロッパ、タイの工場で電気自動車の生産を検討していると消息筋が火曜日に語った。

トヨタは現在、bZ4x SUVを含むEVを国内および中国の工場で生産しています。

環境規制の強化による電気自動車需要の増加が予想される他の市場に電気自動車生産基地を確保し、競合他社との競争優位を確保する計画だ。

米国では、トヨタはケンタッキー州の工場で電気SUVを生産する予定であり、生産は2025年から2026年の間に始まると予想されています。 トヨタは、すでにトヨタグループの貿易会社であるトヨタ・ツーショ社と一緒に早ければ、2025年に稼働を開始する予定のノースカロライナのバッテリー工場。

ノースカロライナ工場で生産されたバッテリーは、ケンタッキー工場で電気自動車の生産に使用されます。

ヨーロッパでは、トヨタは2035年に新しいガソリンとハイブリッド自動車の販売に対する効果的な禁止を導入しようとする欧州連合の計画に対応して、フランス、チェコ、トルコでコンパクトな電気SUVを作成することを検討しています。

トヨタも新興市場で人気を集めているピックアップトラックの電気モデル製作を考慮し、2023年末以降タイでEV生産を開始する計画だと消息筋は伝えた。

トヨタの2022年のグローバルEV販売量は約24,000台に過ぎませんでした。 2030年にはEV販売量を350万台に増やす計画を発表しました。

READ  木曜日の説明:墜落した飛行機に搭乗したフリーコジンリスト
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours