トヨタ・ダイムラー、日本トラック事業統合

1 min read
  • ダイムラートラックホールディング(Daimler Truck Holding)とトヨタ自動車(Toyota Motor Corp)は、火曜日に日本で彼らのトラックユニットを組み合わせることに拘束力のない契約を発表しました。
  • ダイムラーが所有する三菱 Fuso Truck and Bus Corp とトヨタ子会社である Hino Motors Ltd の事業が持株会社として合併しています。
  • 新会社の株式は東京証券取引所のプライムマーケットに上場する予定です。

第44回バンコク国際モーターショーで見たトヨタレボBEVコンセプトトラック。

ソファ写真| ライトロケット| ゲッティイメージ

ダイムラートラックホールディング(Daimler Truck Holding)とトヨタ自動車(Toyota Motor Corp)は、火曜日に日本でトラック部門事業を統合することで拘束力のない契約を締結したと明らかにした。

覚書(MOU)によれば、ダイムラーが所有する三菱フソートラックおよびバス株式会社とトヨタの子会社である日野自動車株式会社の事業が持株会社に統合されると彼らは声明で述べた。

新会社の株式は東京証券取引所のプライムマーケットに上場する予定です。

ダイムラートラックとトヨタは同社に同社を投資し、接続性や自律走行などの分野で水素やその他の技術開発に協力すると声明は明らかにした。

両社は2024年第1四半期に最終契約を締結し、来年末までに取引を終了すると予想しています。

昨年、2001年にトヨタの子会社となった日野の排出ガススキャンダルを調査する委員会は、トラックとバスメーカーが2003年までさかのぼる排出データを偽造したことを発見しました。

4社代表は午後4時30分(0730GMT)東京で共同記者会見を有する。

READ  モウリーニョ監督クロップ監督の行動に苦言「私なら1分で退場になるだろう」 - SOCCER KING
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours