スポーツ

トヨタ初の電気スポーツカー、ガズーレーシングバッジで形を整える

過去数年間、Gazoo Racing(または縮小GR)として知られているトヨタのレーシングおよびカスタマイジング部門は、ますます多くのスポーツモデルをリリースすることに集中しました。

これは、2019年のGR Supra、2020年に複数の賞を受賞したGR Yaris、GR86、そしてリリースされたGR Corollaと共に国際舞台で始まりました。 今、私たちは日本で最も売れている自動車雑誌であるBest Carで、Gazouo Racingが2026年までにブランド初の完全電気スポーツカーを披露するというニュースを聞いています。

Supraとほぼ同じサイズで測定されると予想されるGR EVスポーツカーは、最近発売されたbZ4X電気SUVと同じe-TNGAプラットフォームを使用しながら、全固体バッテリーパックに500馬力を搭載します。 レポートによると、2ドアには各車軸に電気モーターが取り付けられた4WDシステムが組み込まれています。

昨年12月、トヨタのCEOである秋尾豊田がセダン、SUV、スポーツカーなど、2030年までに約30個の新しいバッテリーEVを発売する計画を発表したため、このEVスポーツモデルのような自動車が発売されることがわかっています。 同社はまた、2030年までに世界中で350万台のバッテリーEVを販売し、2035年までにLexusをEV専用ブランドに切り替えることを約束しました。

もちろん、トヨタは1997年にハイブリッド車の先駆者だったかもしれません。 プリウスは、他のすべての自動車メーカーが車両に電気モーターを追加するように強制された車にパンドを変える車でした。 しかし、日本最大の自動車ブランドはEVに著しく遅れています。 今年初の電気自動車であるbZ4Xを発売したばかりのパーティー。

ベストカーは、このEVクーペの他に、次世代RX-7になることができるEVスポーツカーについて、トヨタと松田が協力しているという強力な推測があると報告しています。 2015年に導入された口が餅つくほど華やかなMazda RX-Visionのようなコンセプトカーを見たため、広島に本社を置く自動車メーカーがシグネチャーロータリーエンジン技術に進む方法を真剣に考えていることを知っています。あります。 そのエンジンがプラグインハイブリッドシステムや水素動力装置と組み合わされるか、それともポルシェが「ターボS」という名前でしたかのように内燃機関のないタイカンでマツダというその有名な「ロータリー」を維持します。 ロータリーエンジンがなくても名前は残ります。

READ  台湾のテ・ジャヨン、4番目の台北オープン女子シングルス優勝

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close