トヨタ子会社日野、虚偽排気ガスデータの使用を認める

Estimated read time 1 min read





大木荘里市日野自動車社長(左)と下吉尾会長が2022年3月4日、東京港区で記者懇談会で虚偽の排気ガスデータについて謝罪するために頭を下げている。 (毎日/梅村直也)

東京(刑務所) – 日本の日野自動車(トヨタ自動車のトラック製造子会社)が金曜日の運送当局に虚偽の排気ガスと燃費データを提出した事実を認め、同日エンジンが搭載された車両の出荷を中断した。 数値は活用されており、日本の基準を満たしていない可能性があります。

詐欺データの使用は少なくとも2016年から続いており、同社は、操作されたデータに基づいて政府が認証したエンジンを搭載した車両を少なくとも115,526台販売したと明らかにしました。

同社は北米市場向けに生産されたエンジン認証過程で不正行為を摘発し、内需用車両の出荷前検査に対して内部調査を行ったと明らかにした。

オギソサトシ社長は、下吉雄会長も参加した東京で開かれた記者会見で、「従業員は厳格なスケジュールを遵守し、数値目標を達成しなければならないという圧迫感を感じた」と話した。

Hinoはすでにこの問題を国土交通省と経済産業省に報告していると述べています。

米法務省はすでにこの問題に対する調査を開始したと日野が語った。

同社は2016年以前にエンジン認証不正行為があったか調査している。

過去に他の日本の自動車メーカーに関連するデータ操作スキャンがありました。 2016年、三菱自動車株式会社は自動車に関する有利なデータを使用して燃費を誇張したと認めました。

READ  ジープ、ハードコアモデル「ラングラーアンリミテッド・ルビコン」に限定車「シリコン」 - Car Watch
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours