経済

トヨタ最高経営責任者(CEO)、気候変動に関する首相と会議で日本政府の支援を求める

東京、11月2日(ロイター) – Toyota Motor Corp (7203.T) 豊田明夫社長は水曜日、岸田文夫日本首相と会談で日本が炭素排出量を減らすために努力する経済の柱として、モビリティ産業を支援するための会談で税優遇問題を提起した。

二人の出会いは、木田がカーボン削減などの問題について自動車業界のリーダーと意見交換したいと言った後に行われた。 Kishidaは6月、自動車会社の故郷である愛知県にあるトヨタ工場を稀に訪問しました。

トヨタと日本の主要競合企業である日産モーター社が直面する主な課題 (7201.T) そしてホンダ車(7267.T)Tesla Incのようなライバルに追いついています。 (TSLA.O) 電気自動車(EV)分野で先を行く人々。

日本の強力なビジネスロビーグループであるKeidanrenでモビリティ関連の問題委員会を率いるToyodaは、次のように述べています。 会議の後、記者に。

豊田経営陣によると、豊田は議論を引き続き支援するという意思を示した首相との会談で、税金の減免を提起したと話した。

会議の終わりに、岸田首相はデジタル化に対抗し、日本経済と雇用を保護し、炭素中立を推進するために公共部門と民間部門が協力しなければならないと述べた。

日本の先駆者として広く考えられ、かつて環境運動家の愛を受けていたハイブリッドガソリン – 電気プリウスモデルとして知られるトヨタは、EVへの立場をとり、グリーン投資家や活動家から特に厳しい調査に直面しています。

日本の自動車会社は、バッテリ駆動のEVが炭素排出量を減らす強力な武器ですが、目標を達成するためのさまざまなオプションがあると主張して批評家に反発してきました。

豊田氏は、「今、私たちは脱炭素化の転換期にあるので、技術革新がさまざまな方法で起こるようにし、さまざまな選択肢を提供する必要があります」と述べました。

ロイターは去る6月、日本の自動車ロビー団体を率いている豊田社長が日本政府にバッテリー電気自動車ほどハイブリッド車両を支援しなければならないことを明確にするよう促したと報道した。

(この物語は、2番目の段落で重複した単語を削除し、6番目、9番目の段落で文法を修正するように修正されました)

杉山さとしの報告。 ケネス・マクスウェル編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Marketmind:アジアの経済スポットライトが巨人中国、日本を照らす

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close