トヨタ:日本から200万台以上の車両のデータが10年間流出して危険にさらされています。

1 min read

東京(AP) – トヨタのオンラインサービスで10年間データ漏洩が発生し、200万台以上の車両に関する情報が危険にさらされたと日本の自動車会社は金曜日に語った。

本間秀明の広報担当者は、2012年1月から2023年4月まで、トヨタのクラウドベースのコネクテッドサービスの問題は日本車両にのみ該当すると述べた。

Connectedサービスは、所有者にメンテナンスチェックとストリーミングエンターテイメントリンクを受信するように促し、緊急時に支援を提供します。 衝突後に助けを求めるか、盗まれた車両を見つけることができます。

現在までに違反によって発生した問題は報告されていません。

違反によって情報が漏洩、コピー、または誤用されたという証拠はありませんが、危険にさらされたデータには以下が含まれます。 車両の位置と車両があった時間。 日本で「ドライブレコーダー」として知られる車両で撮影されたビデオ映像。

Prius ハイブリッドと Lexus 高度なモデルを作成する Toyota Motor Corp. によると、これらの情報は個人所有者を識別するために使用できません。

G-Link、G-Book、Connectedなどのインターネットサービスを利用した車両を含め、約215万人の車両が被害を受けた。

日本のトヨタコネクテッドサービスは、子会社が運営しています。 Hommaは最近、そのような情報への外部アクセスをブロックする必要があるという事実に誰も気づかなかったと述べました。

続いて「国民の皆さんに心配をかけて大変申し訳ない」と話した。

問題は、品質と細部への関心で評判を築いた日本の最高の自動車メーカーにとって大きな恥ずかしさです。

世界の自動車メーカーは、バイヤーを引き付けるために最新の技術でモデルの提供を差別化するために競争しています。

ホンマ氏は、システムの問題が修正されたので、いつものようにコネクト支援車を運転し続けることは安全であり、修理のためにインポートする必要はないと述べた。

READ  Sai Pallaviは日本でAamir Khanの息子Junaidと一緒に撮影します。 写真がオンラインで流出バリウッド
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours