スポーツ

トラックとフィールド| 東京、2025年世界陸上選手権大会受賞

今年の世界陸上選手権大会の前日、東京は2025年のグローバル陸上競技の開催地に選ばれました。

オレゴン州ユージンで開かれた世界陸上委員会(World Athletics Council)は、4人のファイナリストのうち日本の首都を選びました。 他の候補はケニアのナイロビでした。 シレジア、ポーランド。 そしてシンガポール。

昨年夏に延期された東京オリンピックのために建設された日本の新しい国立競技場は、2025年世界陸上選手権大会の競技場となります。 日本陸上競技連盟は2025年大会を9月中旬、世界陸上連盟は8月末を目指している。 刑務所ニュース 報告した。

今年の会議は7月15日から24日までオレゴン大学キャンパスで開催されます。

以前、国際陸上連盟(IAAF)として知られる世界陸上競技は、東京が旧国立競技場で大会を開催した1991年から隔年制で世界選手権大会を開催してきました。

1991年、アメリカのスーパースターカールルイスは男子100メートルで当時9秒86の記録を立てた。

男子走りで4回のオリンピック金メダリストであるルイスも東京で仲間のアメリカ人マイクパウエルと記憶に残る決闘を繰り広げました。

ルイスは遠くジャンプで65試合連続無敗行進をして日本に到着しました。 彼は8.91メートルを超え、1968年にメキシコシティオリンピックで建てられた象徴的な記録であるアメリカのボブビーモンの8.90メートルを超えました。 しかし、Lewisのマークにはすぐにアスタリスクが表示されました。 風速計は2.9m / sと測定され、法的限界2.0m / sを超えました。 したがって、世界記録の地位には適していません。

その後、PowellはLewisを抜いて8.95メートル(29フィート、4¼インチ)の世界記録を立てました。

パウエルの世界記録は今日でもまだ有効です。

大阪は8月24日から9月2日まで長井スタジアムで2007 IAAF世界選手権大会を開催しました。

2025年東京で世界選手権大会が開催されるというニュースについて、JAAF 大潟三木会長は「世界陸上が2025年世界陸上選手権大会を開催するために日本に対する自信と信頼を見せてくれたことを非常に誇りに思っている。 World Athleticsと1つのチームで、私たちはこの機会を活用して、私たちのスポーツをより高いレベルに成長させるための最高のグローバルイベントを披露します。

Ogata氏は、「歴史は、私たちが世界トップクラスの選手を招待し、国際観客にインスピレーションを与える能力とエネルギーを持っていることを示しました。 ファンでいっぱいの東京オリンピックスタジアムが、選手と関係者全員に忘れられない経験になることを約束します」

カタール首都ドーハで2019年9月27日から10月6日まで206カ国を代表する1,800人の選手が参加した世界陸上選手権大会を開催しました。

「強力な候補者」

2012年、ロンドンオリンピック組織委員会委員長を務めたセバスチャン・コー(Sebastian Coe)世界陸上選手権大会会長は「2025年世界陸上選手権大会を誘致する候補が非常に多い中、東京が強力な提案をした。

2025年日本陸上連盟創立100周年を迎え、世界トップクラスの陸上競技を東京市民にプレゼントすることで日本に輝く光になることを願う」と話した。

東京オリンピックが終わる前、鼻は日本の首都で開かれるもう一つの主要なグローバル陸上大会に対する支持を表明した。 2020年に延期されたオリンピックを新しいスタジアムで観客なしで開催することが選手やファンに最も爽快な経験を提供できないことが支配的でした。

「この施設を利用したいです。 [the National Stadium] 1980年のモスクワオリンピック男子800mと1500mのダブルゴールドメダリストのCoeは、2021年8月の記者たちにこう語りました。

プレスリリースでは、World Athleticsは、東京が2025年に豪華なイベントを主催することを選択した理由を説明しました。

「東京は、4つの重点分野にわたって入札評価で4人の候補の中で最高のスコアを獲得しました。 強力な物語の可能性世界陸上のための収益創出の機会。 スポーツの国際的な地位を高める目的地。 適切な気候」と報道資料は明らかにした。

関連:

著者:エド・オデブン

JAPAN ForwardのEdフォロー [Japan Sports Notebook] ここ 日曜日に [Odds and Evens] ここ 平日とツイッター @ed_odevenJAPAN Forwardのスポーツ専用ウェブサイトで彼を見つけてください。 スポーツルック

READ  フランスオープン:ステファノスチチパスが2セットから回復し、ロレンツォ・ムセッティを破った。 テニスニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close