世界

トランプあくまで抵抗いくつかの州での訴訟棄却の挫折…参謀はコロナ感染 :東京新聞TOKYO Web

2日、米国ミシガン州で新型コロナウイルス陽性が6日に報じたメドウズ米大統領秘書室長(右)と一緒に歩くトランプ大統領(左)、フェンス副大統領= AP

【ワシントン=金杉隆夫】米国大統領選挙で共和党のトランプ大統領は、民主党のバイデン前副大統領の勝利が確実になっても、どこまでも敗北を認めず抵抗する構えだ。 ただし、法的措置が思ったほどの効果を発揮していない状況にイライラとする。

◆「負け宣言準備されなかった “

いくつかの米国のメディアによると、トランプは敗北宣言を準備することなく、バイデン氏が選挙人の過半数を獲得しても敗北を認め考えはないという。 トランプは、これまでバイデン氏が「史上最悪の大統領候補」と呼び、それになることは屈辱だとの考えを示している。

また、現職の大統領が選挙で敗北したのは、第二次世界大戦後に3人だけだ。 地面4番目不名誉になることもあり、郵便投票不法の温床と主張脚注で訴訟を争う構え。 すでに多数の訴訟を提起しているが、いくつかの訴訟が棄却されている。

トランプはTwitterで「集計やめ!」と書いたが、実際には東部ペンシルベニア州と南部ジョージア州などで集計続いリードを逆転された。

トランプは、自分の法務チームが法廷での効果的な闘争を展開していない不満を吐露している。 また、郵便投票について「なぜ他の共和党員がように主張していないか」とイライラしているという。

ワシントンポストによると、トランプは、自分の顧問と選挙での敗北と、それをどのように処理するか協議したという。 そんな中、参謀役のメドウズ大統領首席補佐官の新型コロナウイルス感染が見つかりました。 苦しい展開に追撃をかけている。


READ  元JALの「ジャンボ」の世界を救う "消防英雄」に大変身、その珍しいキャリアと(乗ってもニュース) - gooニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close