世界

トランプのであれ最終回米国大統領候補のテレビ討論会の行方WEDGE Infinity(ウェッジ)

海野素央のLove Trumps Hate

2020年10月22日

»著者プロフィール

閉じる

海野素央
(うんの・元男)

明治大学教授心理学博士

明治大学政治経済学部教授。 心理学博士。 アメリカン大学(ワシントンDC)異文化の管理客員研究員(08年〜10年には、12年〜13年)。 専門は異文化コミュニケーション論、異文化の管理理論。 08年と12年の大統領選挙での研究の一環として、日本で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員に参加。 激戦南部バージニア州などで4200個の戸別訪問を実施。 10年には、14年と18年の間選挙で下院外交委員会所属コノリー議員の選挙運動に参加する。 16年の大統領選挙でクリントン陣営に入る。 中西部オハイオ州、ミシガン州、および東部ペンシルベニア州など11州で3300個の戸別訪問を実施する。 20年の民主党大統領候補予備選挙でバイデンサンダース両陣営で戸別訪問を実施。 南部サウスカロライナ州などで黒人が多い地域を回る。 著書には、「オバマ再選の膜」(同友館)など多数。


今回のテーマは、「トランプのであれ最終回米国大統領候補のテレビ討論会の行方」です。共和党の大統領候補のドナルド・トランプ大統領と民主党の大統領候補バイデン前副大統領による最終回のテレビ討論会が10月22日(現地時間)、南テネシー州で開催されます。

トランプ大統領の集会に参加したボランティア(AP / AFLO)

テーマは「新型コロナウイルスとの戦い」「アメリカの家族」「人種問題」「気候変動」「安全保障」と「リーダーシップ」の6つです。司会者は米NBCニュースのホワイトハウスの出入り記者クリスティンウェルカムさんです。ホワイトハウスでの記者会見で、ウェルカム氏はトランプに容赦なく難しい質問をぶつける記者です。

本稿では、最終回のテレビ討論会の行方について説明します。

ステピー円のメール

トランプ陣営のビルシステムビープ円先代本部長は10月19日共和・民主両党の大統領候補によるテレビ討論会を主催する委員会に書簡を送った。 その中ステプロピル円先代本部長は、上述したテーマは、1次テレビ討論会で既に議論したという後、「外交問題」が含まれていない点を指摘して再調整することを要求しました。もちろん、最終回のテレビ討論会は、伝統的に外交がテーマになっています。

ステピー円氏によれば、トランプ大統領にイスラエル、アラブ首長国連邦(UAE)とバーレーンの「平和協定」は、外交の成果とのことです。 彼はバイデン前副大統領は、「ワシントンの政治家として47年間、中国の利益を増進してきた」と主張しました。

驚いたの書簡でステプロピル円先代本部長は、バイデン氏の次男ハンター氏が、ウクライナのエネルギー会社と父の仲介をして利益を得たことも言及した。 まるで委員会と「議論」をしているかのような書簡です。

また、ステピー円氏は委員会が9月29日のテレビ討論会のスケジュールを前倒ししていない10月15日の討論会をトランプ陣営に相談せずに、「リモート討論会」で決定したが、同月29日3回目の討論会を主催していないことを挙げてバイデン陣営の意向に沿っていると強く非難しました。つまり、委員会は、中立ではなく、バイデン陣営の見解を述べていますと思います。

ステピー円さんは、1次テレビ討論会の司会を務めた米国FOXニュースのクリスウォレスがトランプ大統領に対して「悪意的な言葉を向けた」と批判した。司会者が不公正たしたものです。

最終回のテレビ討論会で相手候補が司会者の質問に答える二人は、マイクがオフになります。 この新しいルールにもステピー円氏は手紙に反対しました。 ただし、これに関しては、トランプバイデン両陣営は、すでに合意をしたものです。

なぜ「外交問題」か?

はトランプの陣営なぜ外交問題に執着しているのでしょうか。 もちろん4年間のトランプの外交成果を一覧表示し、成果を強調したいのは間違いありません。 しかし、本音は別の場所にあります。

上で紹介したように、最初のテーマは、「新型コロナウイルスとの戦い」です。 トランプ陣営新型コロナウイルスを国内問題ではなく、外交問題に入れて議論したいと思います。

新型コロナウイルスを国内問題として扱った場合バイデン氏は、米国で死亡者数が22万人を突破して、感染者数が800万人を超えたと明らかにしたトランプ政権のコロナ対策の失敗に有権者の目を向けたからです。

また、トランプ大統領がホワイトハウスの感染対策チームアンソニー化パウチ博士を「バカ」「災害」と呼んだと指摘し、科学を軽視していると畳みかけます。 これに対してトランプ大統領は新型コロナウイルスの問題を外交問題として扱われ、「中国責任論」に持って行くことです。

次のページ»政策論争よりもハンター

READ  [아침의 5 개]仕事始めに読みたい厳選ニュース - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close