世界

“トランプは落選する「ファッションが照らす米国世論の劇的変化選挙の勝敗を決定37%の”彼ら “| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

有力政治家の服装を見ると、民主党優位は一目瞭然

米国の大統領選挙の投票日直前ニューヨークはすべてが選挙一色だ。

写真= AA /時事通信フォト

米国ノースカロライナ州グリーンビルで演説するドナルド・トランプ大統領= 2020年10月15日

タイムズスクエアには、「Vote」と書かれた巨大なスーパーサインが輝いて、コンサートの舞台として知られてマディソン・スクエア・ガーデンが今年初めて投票所になる話題になっている。

米国全土で投票への関心が高く、19日現在3000万人以上が郵便投票のか期日前投票を終えたという報道もある。 また、激戦州の一つでもあるジョージアでは、事前に投票待機時間が8時間に発表されたにもかかわらず、長い行が生じた。 午前4時からくれる人もいたという。

筆者の周辺で初めて投票する18歳のZ世代やミレニアムアル世代は、この投票は、米国の運命を決定する重要な選挙と真剣な眼差しで言うと、もし地面自分たちが大切にしていることを忘れてうかかもしれないという不安感を訴えしている。

筆者の見解では、現在のトランプ落選間違いないと確信している。 なぜなら民主党が若者の支持を受けているのは、有力政治家のファッションを見ると、一目瞭然であるからである。

対象としているのは、ミレニアムアル・Z世代

例えばファッションブランドは、もれなく「Vote」の商品を作っている。

マークジェイコブスの定番バッグ「THE TOTE BAG」はTote部分をVote(投票)に変えたTHE VOTE BAGを発表して話題になった。 バナナリパブリック、Gap、マイケルコース、ケネス・コール、Fossilなど多くのブランドが投票をテーマにしたマスク、Tシャツ、アクセサリーを発売。 ほとんどが収益の一部を投票促進非営利に寄付している。

また、スポーツブランドKITH(キス)やフットロッカー点に有権者登録をするスペースを用意した。 また、選挙情報をWebに公開したり、投票を促進するイベントを実施ショップもある。

彼らはターゲットにしているのは、ミレニアムアル・Z世代だ。 ファッションライフスタイルに欠かせない世代に投票が身近で自然な行動であることを印象なのに、こんなに効果的な方法はないだろう。

さらに、18歳〜38歳のカジウイイ世代は、米国の有権者の37%を占める大きな菜園であり、今後、消費者の担当者だからだ。

ファッション業界が前例のないほど政治にアクセスする一方で、政治の世界もファッションに急速に近づいている。

READ  マドリード封鎖にパリ警報レベルの印象もコロナ第2波侵入に| ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close