経済

トランプ政権中国軍関連企業への投資を禁止」米国資本を軍事開発に利用」| ロイター

[워싱턴 12 일 로이터]- トランプ政権は12日、中国軍が所有または支配していると考えられている中国企業への投資を禁止する大統領令を発表した。 中国国有通信企業の中国電信(チャイナテレコム)0728.HKと中国移動(チャイナモバイル)0941.香港監視カメラメーカーの杭州海康石数技術(ハイクビジョン)002415.SZなどに影響を与えることができる。

トランプ政権は12日、中国軍が所有または支配していると考えられている中国企業への投資を禁止する大統領令を発表した。 5日撮影(2020年ロイター/ Carlos Barria)

中国軍の支援を受けている米国防総省が今年、指定した中国企業31社の株式を米国の投資会社や年金基金が売買しないようにする目的で、来年1月11日から、これらの中国企業の証券取引禁止される。

また、中国軍の企業の認証された企業は60日後から、アメリカ人による証券の売買を禁じる。

トランプ大統領は、中国は「軍事と諜報活動など安全保障機器の開発と近代化を推進するために、米国の資本を利用しており、これにより、米国本土と在外米軍を直接脅かしている」と述べた。

在ワシントンの中国大使館コメントはありません。

ナバロ大統領補佐官(通常担当)は、中国企業と子会社の株式時価総額が少なくとも5000億ドルに達したと推定される。

この側近はロイターに「中国の軍事化に利用されている、米国の資本を押さえ込むことが今回の包括的な大統領令の目的」と述べた。

今回の大統領令を受けて米中関係はさらに悪化する可能性が高い。

大衆強硬派のマルコ・ルビオ上院議員も先月、米国政府がブラックリストに掲載した中国企業の米国資本市場へのアクセスを禁止する法案を提出した。 今回、大統領令が法案の内容の一部が含まれている。

ルビオ議員はデトンリョンリョンルル歓迎すると表明した。

米証券取引委員会(SEC)と財務省も8月に米国に上場する中国企業が2022年1月までに、米会計監査基準を満たしていない場合、上場を廃止するようにトランプに提言した。

12日、米国株式市場の反応は限定的だった。

独立顧問アライアンスのクリス坂ラリー最高投資責任者は、「市場は、トランプが、残りの2ヶ月の任期で、中国とイランとの緊張を高めることがないか懸念している」と述べた。

投資家が今回の大統領令にどのように反応するかは不透明。 禁止されているのは、マーケティングだけで、既に保有している有価証券の継続保有可能に見える。

具体的な処罰規定は、明示されていないが、財務省は、国際緊急経済権限法(IEEPA)で認められている「すべての権限」を行使することができる。 IEEPA下では、厳格な制裁発動が可能である。

今回、大統領令が発効9日後に新しい大統領に就任する予定のバイデン氏は、この大統領令を継続実施するかどうかキャンセルするかも知ることができない。 バイデン陣営の意見は持っていない。

*内容を追加しました。

READ  ★今日の[서프라이즈 결산]速報(11月11日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close