エンターテインメント

トリ寒風の「良作×良品」]クラシック機械が「ブラックホール」に進化! KEF “LS50Meta”× “GUNDAM SONG COVERS 2」

新型ドライバ採用で、さらに表現力を高めた新モデル

今回はKEFスピーカー「LS50Meta」(実売ペア15万9,500円)を大事にする。 「LS50」は、2012年KEF 50周年記念限定モデルとして登場した。一度BBCで使用されたニアフィールドスピーカー」LS3 / 5a」を​​現代の技術で蘇らせることを目標として設計されたモデルで、KEF独自の同軸2wayユニット ” Uni-Q」を搭載。 ブラックボディにオレンジに近い褐色単位の配色が独特の印象だった。

2012年KEF 50周年記念限定モデルとして登場した「LS50」

優れた音場感を再現などで一世を風靡し、その年のオーディオ賞を多数受賞した。 限定モデルの終了後もファンの要望に応えて、レギュラーモデルでも、D / Aコンバータとアンプを内蔵したアクティブ型モデルである「LS50 Wireless」という派生モデルも発売されている。

「LS50Meta “はフルモデルチェンジされた製品。 最大の特徴は、新たにデザインされたドライバーユニット。 同軸2wayの「Uni-Q」のドライバは、最新世代の12世代型となり、そこに新たに開発された技術 “MAT”を搭載したものである。この他にも背面に提供されているバスレフポートも新たに開発された柔軟なポートがある。

パッシブ型のLS50Metaが発売された後、少し遅れて、アクティブ “LS50 Wireless II」も発表された。内蔵されたD / Aコンバーターは、有線接続であれば、192kHz / 24bit無線接続時は96kHz / 24bit入力に対応。AirPlay2とChromecast Built in対応スマートフォン等との連携が可能である。専用アプリケーションのインストールと操作も可能である。ニアフィールドスピーカーということもあり、デスクトップに近い環境でPCなどの再生機器として使用する人も多いモデルだけに、こちらも人気になることだ。LS50 Wirelessも非常に完成度の高いサウンドを完成したので、LS50 Wireless IIの可能性があり、本当に楽しみだ。

LS50無線II

今回は、従来の「LS50Standard」と新モデル「LS50Meta」の両方を借り家で視聴をしている。 箱から出してみると、外観はそのままに同じですが、色が同じであれば勘違いそうなほど。 取材のために借りた商品は色が異なるので、その心配はありませんが、前方から見ると、ドライバ周りの番号名称が異なること以外は、ほぼ同じである。

左がLS50Standard、右がLS50Meta。 色を除けば、番号程度しか差がない。また、LS50Metaもブラックのほか、グレー、ホワイト、ブルーの4色がある

裏を見ると、新規採用されたフレックスポートは、形状が大きく異なることが分かる。 LS50も計算流体力学(CFD)を用いたシミュレーションによる設計は行われていたが、フレックスポートも最新のシミュレーションに設計された。 ポートを通過する音波の混乱を遅延させることができるように設計されているようで、バスレフ型でよく言われる低音の遅れを減らすようだ。 この他にも、バックプレート装着方法も少し変化している。

それぞれの背面。 左がLS50Standard、右がLS50Meta。 こちらも大きな違いはありませんが、バックプレーンを固定しているネジ穴がなくなるなど、組立方法が異なることがわかる。 最大の違いは、バスレフポートの形状スピーカー端子は、従来のようにシングルワイヤ用されている

バッフル面が大きく湾曲した形状は、以前と同じです。 KEFの最上位モデルなどのノウハウを継承したもので、ドライバーユニットから出てきた音が不要な反射をせずに空間に広がることを目的としたものである。 バッフル板は、射出成形されたものだが、樹脂系はあっても、見た目の印象と軽く打ったときの音で、単純なプラスチックではないので知ることができる。 触った感じは硬いが、カンカンと鳴くようなこともなく、木のように熱心に心地よい音がとも違う。 ただ真ん中にいるような感じだ。 また、キャビネットの内部構造は、従来と同様に同じであり、内部には十字型の補強板を含み、キャビネットの不要な振動を抑制している。

LS50Meta側面。 バッフル面がかなり曲線球形に近い形になっていることがわかる。形自体は、以前のモデルと完全に同じだ

また、天面から見た様子。 こちらもバッフル面は緩やかな曲線を描いている。バッフル面の厚さがかなりあることにも注目

ツイッターの背面から出てくる音の99%を吸収するMATを採用

外観では、知らないのが残念だが、LS50Meta新しいUni-Qドライバーを搭載したMAT(Metamaterial Absorption Technology)が実に独特である。 このMATはUni-Qドライバーの後段に設置された部品で分解などを見ると、ウーファーの振動板のような(130mm)またはわずかに小さい程度に見える。 この円盤状の部品の内部は、まさに円形の迷路のような構造になっており、おの振動板背面から出てきた音は、この迷路に導かれる。 迷路路地ごとに、さまざまな他の長さに設計されており、Twitterのすべての帯域の音波エネルギーを熱に変換、すなわち減衰させてしまう。 MATはいわば、Twitterの吸音材わけだ。 KEFは「音のブラックホール」と表現している。

MAT(金属物質の吸収技術)

Uni-Qドライバーの構成右端MATが見える

ここでちょっとスピーカーの勉強をしましょう。 スピーカーの振動板が動く音がしますが、その音は振動板の前面と背面の両方で出てくる。 しかし、音波の形態は正反対になるので、前の音と後ろから音が混ざってしまうと相殺されてしまい、得られるボリュームが減る。 だから前の音と後ろから声を混ざらないように分けているのがバッフル板である。 理論上は、バッフル板と、スピーカキャビネットは不要だが、それはとバッフル板も大きくなってしまう。 したがってバッフル板にキャビネットを一緒に後ろから出てきた音が出ていない(前の音と混合)のように閉じ込められてしまう。 これ基本的な考え方である。

閉じ込められた後ろの音は、当然の筐体で乱暴。 どのように多くのエネルギー(ボリューム)印加すると、スピーカーの前に出てくる音のエネルギーとほぼ同じである。 スピーカー設計で使用するドライバユニットの大きさにかなりの量のが必要なのはこのためだ。 バスレフ型やバックロードホーンやエンクロージャには、多くの方法がありますが、これは後ろから出てきた音をうまく利用して、スピーカーの能率と特性を高めようとする研究の産物である。

エンクロージャからまくり音波は、エンクロージャ自体を振動させてしまうので、音を濁らせてしまう。 エンクロージャは素材と構造を研究して、不要な音が出ないように、高い剛性が要求される。 何よりも振動板自体の動きにも影響を与える。 振動板の後ろに出てきた音が筐体から跳ね返ってきて、振動板を押してしまうと、振動板は、入力された信号に対して適切に動くことができなくなってしまう。 音が歪んだり、不要な着色が加わってしまう。

それを解決することが吸音材である。 多くの場合、吸音材は、面やフェルトのような素材であることが多く、エンクロージャ内に含まれている。 吸音材も振動を熱に変換して音のエネルギーを減衰させること。 これの素材や入れ量音質は確認変わることがあるため、その変化を測定したり、シミュレーションを実行したり、耳で確認して、最適な量を決定している。 詰め込みすぎ、より多くのエネルギーを吸収してしまうと、それはそれで振動板の動きに影響を音が変化してしまうのだ。

この役割をMATは構造により実現している。 MATの迷路は、音のエネルギーを熱に変換して減衰させる構造で、これに近い方法でテーパー出口に近づくほど口径が狭くなるパイプをツイッター裏面に供給されることがある。 この場合、吸収しようとする音帯域とエネルギーによって異なるが、パイプの長さがある程度必要なため、小型スピーカーにはあまり適していない。

MATの特徴は、これらのドライバユニットに合わせた最適の吸音を最小サイズで実現できること。 この実現精密なシミュレーションなどの解析技術が必要である。 スピーカーの歴史は、基本的な技術と理論は、すでに完成されていると思い良いそれほど優れた特性を実現するためには、素材の力に依存することになる。 高級スピーカーが珍しい素材をドライバーやキャビネットなど贅沢に使用して、必然的に高価になることは、それが理由。 しかし、MATは素材ではなく、構造のそれを実現していますので、破格高価ではない。 この点でも画期的と言える記述したものである。

人気応え製作された第2弾道素晴らしい! 森口博子「GUNDAM SONG COVERS2 “

すぐに視聴である。 今回聞いたのは森口博子の「GUNDAM SONG COVERS2」機動戦士ガンダムシリーズの様々な作品の楽曲を森口博子が歌ったカバーアルバム第1弾は、NHKの番組で行われたガンダムソング順位上位10曲をカバーしたもの。ご存じの通りの大ヒットで、発売直後には、CDが売り切れているほど。CD版のほか、高解像度のアルバムも発売されて、すべての良いセールスを記録している。本作は、ヒットを受けて、第2弾として、森口博子の歌たい曲をファンが投票して決められたもの同じ総投票数は10万票を超えた告げる。しかし、製作が開始されたまさにコロナウイルスの影響で非常事態宣言が出て、製作は中断当初6月に予定だったの発売も09月に増加した。筆者自身も首を長くし待っていたが、かなりドラマチックな展開である。

「ガンダムソングカバーズ2」
(C)創通・サンライズ

今回は新旧の2モデルを借りため、両者の比較もしながらLS50Metaの声を紹介する。 再生機器は、アンプがアキュフェーズのA46。 D / Aコンバーターは、CORDのHugo2でプリアンプを経由せずにHugo2ボリュームを調整し、A46に直結されている。 再生することはMac Mini + Audirvana Plus。 CD音源を抽出した44.1kHz / 16bitのデータを再生している。 なお、本作も、高解像度版の配布が開始されたが、取材時期のタイミングで高解像度版遅れのためにCD版のみ視聴している。

まずLS50Standardで聞いた。 実際に聞くことは久しぶりだが、音場の定位に優れたのは、過去の感じように。 左右の拡大だけでなく、深さも深く、ステージが立体的に再現される。 この立体感はかなりのもので、Twitterやウーファーの音軸が揃った同軸型ユニット特有のもの。 優れたフルレンジユニットの帯域をさらに広げたようなイメージだ。 音色は、不必要な彩色がない素直な音だが、中音域の密度が高く、ボーカルの再現性が非常に優秀。

余談だが、位相を調整して音に包み込まれ、同じ音場感を狙った音楽とサラウンドサウンドソフトウェアを仮想サラウンドで再生してみると、すぐ後ろに近いところまで後方の音が再現されて驚いた。 周波数特性と指向性はもちろんのこと、位相特性まで精密に設計されていることがよくわかる。 実際には、今聞いても大きな不満を感じない程度によくなっている。

LS50Metaもそれ同様な音場感の豊かさは、ほぼ同じです。 大きく差があると感じたのは高音域の滑らかさ。 音の鳴り方がふくよかで、一見柔らかな風合いを感じるほどだ。 非常に小さな響きの余韻まで明瞭に入って取れるので、さらに滑らかな音を感じる。 だからといって高音の情報量が低下するわけではなく、音の質感と繊細な音の情報量はむしろ増加していると言っていいほど。 これに比べて、以前のモデルは、高域特性の十分でないところは少しアクセントをつけている感じ。 いわば “味付けをして味をスパイシーさせる」のような感じである。 それだけ健康に良い勢いの良さを感じている。

LS50Metaの場合、そのような調味料は最小限に素材の良さで勝負する感じ。 少し聞けば自然そのものでやや地味なも感じるが、彩色がない素直な音、味の深さなどの要素が大きく発展している。 この部分の違いはMATによるもの大きいだろう。

低音域は、最低音域の成長などは大きく変わらない印象だが、重低音の厚みが増加なかなかエネルギー感豊かな音がある。 重低音の厚みが増えたせいもあって、フレックスポートを採用の効果とも思えるベース音階がよく出てくるなど、低音の情報量もやや増加していると感じた。 LS50Standardが多少若く健康の利点と若々しさをアピールしたのに対しLS50Meta少し古いが安定を感じさせ、さらに表現力と音楽性で大きく進歩した熟成された感じがある。

たとえば、2番目の曲「銀色ドレス “これはZガンダムの挿入歌で、本編では一度だけ流れた曲だ。原曲を歌うのは森口博子。井荻麟(富野由悠季のペンネーム)歌詞フォウ・ムラサメの心を歌うしているようで、実際にはカミーユがポーに心を書いているのだと考えているのも印象的だ。露出の少なさに比べて人気が高いことがよくわかる。そして、セルフカバーで彼女の歌手としての成長もよくわかる。オリジナル曲は当時の歌謡で歌うような曲調でカバーされた、ここでの演奏も可愛さを感じるだろう。実際にオリジナル曲はかなりアイドル感が強い歌い方になっているが、ここでは可愛さと若々しさを感じさせながらも、本当にしっとり大人っぽい声がある。

そんな編曲と歌唱の差がLS50Metaは如実に現れる。 声の成長、フレーズとフレーズの接続の美しさなど、より豊富になった歌唱力の差が非常によくわかる。 繊細な豊かな音と一緒に彼女の今の歌をじっくり楽しむことができる表現力である。 この比較で言えば、LS50Stanndardは原曲の健康利点と若々しい歌がよりフィットする感じである。 森口博子の熟成とLS50Metaの熟成が絶妙にマッチし、また、よりカバー曲の良さを感じさせてくれた。

今回は4回目の曲「いつか空に届いて」OVA「機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争」の主題歌である。 ロボットアニメの主題歌に似合わない原曲の柔らかなイメージを正しく継承しつつ口笛に似たティンホイッスルの音色が爽快感を感じさせる気持ちの良い曲だ。 ここで静かにじっくり染み入るような歌もすぐにそのままというイメージで再現。 音場の広さも広い草原で気持ちよく風に吹かれたような感じだ。 高音の表現は、無色に近いので、何色も表現することができている感じでイントロのピアノソロとボーカルの透明感のある声の成長、ティン・ホイッスルの軽快な音を自然に描写している。

最近のスピーカーは、解像感のある音を必要とする場合もあり、高域の再現は、誰も柔らかく歪みの少ないものとなっているが、LS50Metaはそれより一段階上のレベルがあると思う。 LS50Standardは今でも愛用しているユーザーが多いと思うので、そのような悪い言葉はしたくないが、高音の自由闊達な鳴り方、表現力の向上は、大きく差を感じるようになる。

今回は10曲の「MEN OF DESTINY」OVA「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」のオープニング曲で、ハードロック風の曲調の歌である。イントロからエレキギターフレーズもかっこいい決してハイテンポではないテンションの高さとスリルを感じさせてくれる。原曲のMIO(現在は歌手の名前をMIQしている)の活気に満ちた歌唱と比較するとさすがに難しい叫んでは差を感じるところもあるが、はるかに力を込めた感じの厚い低い声もよく出ていて、その分歓声に近い高音の伸びが印象的。

この曲は、Twitterとウーファーの音のつながりの良さをよく知っている。 ツイッターとウーファーの音色が異なりしまうスピーカーはほとんど存在しないが、高い声と、風合いが変わってしまうことはよくある。 それは、Twitterの反応速度にーがついてこなければよくあるが、さすがにUni-Qは、これらの接続の利点はよくされている。 これLS50Standardも感じる美点だLS50Metaは高域の表現力が抜群によくなっているので、音の接続の利点を知ることができる。 ウーファーの反応がいいので、エレキベースとドラムを刻むリズムのキレも良く、エッジの効いたハードがよく出ている。 小型スピーカーなので、かなり低いところの力感と重みは多少退屈ところもあるが、反応が良く量感とのバランスも良いのであまり不満を感じない。 このスピード感のある低音を再現もLS50Metaの進化点である。

事実、今回のオーディションは、再生機器がコンピュータであることも利用して、あなたの音源とYouTubeなどで探してオリジナル曲も聞いている。 それは視聴記事は直接関係はないが、「GUNDAM SONG COVERS2」を聞いていると不思議オリジナル曲を聴いてみたくなるだろう。 「GUNDAM SONG COVERS」もしたが、原曲の味を尊重し、ファンの記憶イメージを大きく変えることができないアレンジなので、「やっぱり聞いて慣れている原曲がいいですよね」というのはなく、本作を聴いて原曲の良さを改めて知ることができる。

原曲の良さに基づいて、聞けば、再び本作の良さを知るようになると思います。 唱法でも編曲して変えて部分変えていない部分がわかること、本作の制作者の意図とか愛着が理解できる。 オリジナル曲とカバー曲で優劣をつける必要も意味もありませんが二曲を一緒に聞いてみたくなるのはかなり楽しいとカバー曲はこうある原、と偉言葉を捨てたいられる。

仕上げは、個人的にも愛着が強い曲「月の繭」、「無限の旅路」

最後の9番トラックの「月の繭」御坊なるトラックがされている12曲 “無限の旅路」で締めくくろです。整理した理由は、ご存じのように、「ターンAガンダム」の後半エンディング曲と最終話のエンディング曲であるからである個人的には「ターンAガンダム」ガンダムの最高傑作だと思っていて、ガンダムという作品と、世界は、今後もますます広がっていくし新作も増えるだろうが、その結末は「ターンAガンダム」だと思えばすべて受け入れられる境地の(個人の見解です)。

イデオンのように全滅終わらない人々が生きている限り戦いもまた終わらない命題をガンダム作品は、人気シリーズなので、抱えているが、それでもこれだけ安心できる心の低下、一日の仕上げがあるのだ。 最終話を見て、それを実現したときの衝撃は、最初ガンダムを見た時とは別の衝撃を感じた。 余計な話が長くなったが、菅野よう子の民族音楽を取り入れたなんとなく郷愁を帯びた音楽と一緒に音楽も主題歌も印象に残っている。

「月の繭」は森口博子自身もライナーに触れているよう何でも美しい曲。情景が浮かぶ歌詞と一緒に優しいメロディーが続くが、サビでは一転して静かなのが、熱を帯びた雰囲気が古い謡曲や原始的な音楽を感じるニュアンスがある。このような曲調の変化も豊富に描写して音場の広さ、歌手と数多くの楽器の配置が立体的なものもあって、お祭りがある神社神楽ダンスを見ているような感じがある。時間は夜。いくつかの焚き火に映し出されて、カラーの舞台だけ明るくなっている。このような画像まで感じさせる表現力というか、描写力がLS50Metaの最大の魅力だと思う。

「無限の旅」は、まさにお祭りのフィナーレ印象。鮮やかなメロディーコーラスが重なり、ますますテンションが上がっていく。大型スピーカーのような壮大さと迫力を追求して、果たして与えないところもあるが、それでもLS50Metaのサウンドステージは壮大である。エネルギー感しっかりあり、芯の音は武力を感じない鮮やかな反応利点もある。あえて言うなら、出力音圧レベルは85dBでやや低いので、しっかりと押しきれる高品質のアンプを組み合わせたいところ。アンプの選択に迷った場合に最適で調整されたパワーアンプを内蔵したアクティブ型のLS50 Wireless IIを選択するといいだろう。

今回はボーカル曲で視聴をし、ボーカルの表現力を高める一番だと思う。 しかも優れた表現力であれば、どのようなジャンルの歌も自然な音で楽しむことができると思います。 じっくり音楽と向き合っスピーカーは多いが、決してそれを強制することなく、「今日は十分に音楽を楽しむぞ!」と心と体を作成する必要もなく、お酒も飲みながら思わず聞いている間に気持ちよく音楽に浸れるスピーカーはそれほど多くない。 MAT画期的な技術も本当に興味深いが、LS50Metaの最大の魅力は、この限りない音楽性だと思う。

READ  700円台で簡単に洗練されたガンダムを組む「ENTRY GRADE 1/144 RX-78-2ガンダム」を組み立ててみた

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close