トンガ火山爆発後、津波被害日本東北地域4%のみ避難

1 min read



岩手県庁(毎日/滝沢治虫)

盛岡 – 1月15日、南太平洋トンガ沖で発生した大規模火山爆発後、津波避難令が下された岩手県沿岸地域住民の約4%だけが実際に指示に従った。 県庁を見つけました。

日本北東部地域で4万7306人に避難令が下されたが、実際に避難した人は1984人に過ぎなかった。 低い避難率の原因は、冬季夜間に発令された指令や地震津波が発生しないなどの要因が作用したものとみられる。 岩手県は最近の数値に対応し、市町村と避難に関する対策や課題について協議を開始する予定です。

1.1mの波を観測した旧地市は574人(17%程度)が避難するなど、県内で最も多くの避難民が発生したと集計された。 続いて大船渡市が377人(約10%)、宮古市が369人(約5%)を記録したが、全体的に低い避難率を示した。

タクヤ・タッソ・イワテ知事は、1月26日の定期記者会見で、「特に類例のない巨大な火山爆発による津波だったため、危険な満潮のような予測できないことが発生する可能性がありました。無駄な試みをせずに躊躇せずに避難することだ」と話した。

都道府県は市町村にアンケート調査を実施し、防災専門家などと深夜の住民避難の促し、避難時の保温方法などを協議します。 調査結果は今年末までに集計される予定だ。

(日本盛岡国安藤生子作品)

READ  日本は、米国、ヨーロッパ、防衛機器の規格に一致するようです。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours