スポーツ

トーマスカップ:グループリーグで日本とのグループリーグ引き分けマレーシアスポーツ

2番目のシード日本は今日、バンコクで開かれた仮想引き分けで6番目のシードであるマレーシア、イギリス、ニュージーランドと共にD組に編成されました。 代表チームは次のラウンド進出のために日本とイングランドを相手にした早期挑戦を克服しなければならない。 — ロイターの写真

クアラルンプール、4月1日 – マレーシアは5月8日から15日までタイのバンコクで開催される予定の2022トーマスカップの同じ組に編成され、再び日本とグループリーグの試合を行います。

2番目のシード日本は今日、バンコクで開かれた仮想引き分けで6番目のシードであるマレーシア、イギリス、ニュージーランドと共にD組に編成されました。 代表チームは次のラウンド進出のために日本とイングランドを相手にした早期挑戦を克服しなければならない。

一方、ディフェンディングチャンピオンインドネシアもA組のチームである韓国、シンガポール、開催国タイと大変な時間を過ごすことになる。

一方、B組のチームは次のラウンドに進出する確率がほぼ同じで、7番シードの中国がデンマーク、フランス、アルジェリアと対戦することになります。

最後に、台湾、インド、ドイツ、カナダがグループCに編成されました。

一方、女子代表チームはウーバーカップ大会のためにC組で開催国のタイ、デンマーク、エジプトと競うために熱い時間を過ごします。

好む日本はインドネシア、フランス、ドイツと共にA組に、B組にはディフェンディングチャンピオン中国、台湾、スペイン、オーストラリアが含まれます。

最後に、韓国、インド、カナダ、アメリカがD組に編成されました。

男性代表チームはディフェンディングチャンピオンのインドネシアを3-0で破り、2022年アジアバドミントンアジアチームチャンピオンシップで初めて優勝してトーマスカップ本選に、女代表チームは同じ大会準決勝に進出してウーバーカップ本選に進出した。 、韓国になる前に。 — ベルナマ

READ  レッドブルF1の代表 "アレキサンダーアルファボンヌン批判を沈黙させた"[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close