ドイツ、チェコ、スイス、日本ともに女子ホッケー8強進出

Estimated read time 1 min read

ニューヨーク州ユティカ – リサ・ヘマーレ(Lisa Hemmerle)は、火曜日の女子世界ホッケー選手権大会予選ラウンドで、ドイツが中国を3-0に破った。 歴史。

28歳のHemmerleは、ドイツが中国を44-9に勝ったときに簡単に完敗を記録しました。 ドイツの選手投手サンドラ・アブストライターは、チームがすでにグループBに進出しているため、休憩を取っています。

ドイツは木曜日に8強に進出し、英語でチェコ共和国(Czech Republic)としてより広く知られているチェコ共和国と対戦します。

中国はミネソタで高校ホッケーをしている18歳のグレース(ジアフイ)グラス(Grace(Jiahui)Zhan)を選抜した。

ドイツは早く得点を始めた。 Zhanは長距離シュートを試みたが、Laura Klugeは試合開始28秒でリバウンドを試みた。

チェコ6、スイス1

主張Aneta Tejralováは試合開始37秒間で得点し、NatálieMlýnkováは3得点を加え、チェコ共和国が引き分けスイスを抜いて巡航するのを助けました。

チェコも76秒間隔で2ゴールを決めた。 Tereza Vanišováはチェコを2-1に上り、Mlýnkováはバックハンドにリバウンドしてゴールに向かった。

ダニエラ・ペイソワ(Daniela Pejšová)はチェコ共和国のトーナメントの最初のパワープレイゴールを3回半ばに変えました。

Tejralováはまた、試合終了4分55秒を残し、Saskia Maurerのパッドを越えたシュートを送り、3.5秒残ったときに短いゴールを決めた。

世界選手権に初選出出したマウラーは、8強でフィンランドと対戦するスイス代表チームで36個のシュートを成功させた。

日本3、デンマーク0

日本は予選最終戦で勝利し、8強に進出した。

また、今回の勝利により、デンマークチームと中国チームがプレイオフから脱落し、2025年ディビジョンIAに進出することになりました。

日本は木曜日に4回の8強戦最後の試合でアメリカと対戦することになります。

日本は最初のシュートで小山レミがパワープレイで緩やかなパックを送って得点を上げた。 日本は2回目の試合で高刀鈴香が2018年の首位を目指し、赤岳志賀の個人的な努力を見事に終えた.

デンマークが4分余りを残してゴールキーパーを引き出した後、ウキタ・ルイが空のゴールを追加した。

川口梨子が完峰勝ちを収めるのに、8つのシュートしか当たらなかった。

READ  遠藤保仁が岩田デビュー、強烈なFK / J2速報の詳細 - サッカーライブ速報:日刊スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours