技術

ドイツ、日本、ウクライナ戦争後の脱原発の見直し

コメント

ウクライナ戦争は、ガスや石油の不足がエネルギー市場を再編し、化石燃料を増加させたため、原子力に対する世界的な関心を蘇らせています。 ウォーターフロント。

日本からドイツ、イギリス、米国に至るまで原子力投資を中断した国家指導者たちは、新しい発電所の建設や既存の発電所の閉鎖を延期することを検討しています。 この変化は、特に2011年の福島原発事故以来、原子力発電に反対する日本とドイツで顕著です。 そしてウクライナにあるヨーロッパ最大の原子力発電所で、もう一つの潜在的な原子力災害に対する恐怖が高まっているにもかかわらず発生します。

原子力規制当局は、ウクライナ戦争の最前線にあるZaporizhzhiaを慎重に注視しています。 ロシア軍は3月から発電所をそこに保有している。 原子力専門家は、その状況がますます危険になっていると言います。 最近、発電所はグリッドの内外に飛び出して原子炉冷却のための予備電力に切り替わりました。

現在としてはウクライナの災害脅威がドイツや日本の議論で重要な役割を果たしていない。 核懐疑論者の懸念 技術。

世界的な再評価は、ウクライナ戦争が原子力に対する長年の立場を再編している異例の程度を示しています。 ヨーロッパは、潜在的に天然ガス供給が枯渇する可能性があるエネルギー不足の冬に備えています。 工場を閉鎖し、市民を震えさせました。 世界的に化石燃料の価格は、ロシアが2月にウクライナを侵攻して以来急上昇し、ヨーロッパ、アメリカ、および他のいくつかの国では安いロシアの石油とガスの購入を大幅に削減しました。

今週の岸田文夫日本首相 政府は2030年代の商業運転を目標に次世代原発建設を検討している。 政府はまた、現在の原子力発電所の運用寿命を延ばすことができます。

一方、ドイツ政策立案者たちは年末に稼働が中断される予定だった最終原発3期の寿命を延長する方案を検討している。 猶予期間は一時的なものですが、現在のエネルギー危機を克服するのに1~2年であれば十分ですが、過去10年間でドイツ政治生活の主な焦点であった重要な政策反転を意味します。

ロベルト・ハベックドイツ経済長官は今週末、ベルリンで開かれた政府公開会議で「原子力発電が正しいとは思わないほど自らにこの質問を投げなければならない」と話した。 「複雑だ」

ドイツでは、すべての決定はHabeckと彼の緑党の承認を受けなければなりません。 この政党は、数十年前に原子力廃止に焦点を当てて設立されました。 それは党の核心政策の立場として残るが、ウクライナでのロシア戦争に対する反対と、クレムリンに対してできるだけ強くなるという願望も同様である。

ベルリンを拠点とする気候シンクタンク、Adelphiのディレクター、Dennis Tänzlerは、「私たちは本当に特別な時代に住んでいます。 「結論は、ドイツの気候とエネルギー政策が福島以来の全体的な技術的リスク、安全保障のリスクが大きすぎるという余野間の合意によって形成されたことです」

ヨーロッパの天然ガス価格は1年前より10倍以上高く、ヨーロッパは現在日本や他のグローバルバイヤーと液化天然ガス供給をめぐって競争しており、価格がはるかに上がっています。

フランスの原子力発電所のほとんどが安全認証を待っているため、現在ヨーロッパの電力供給も特に低いです。 ウクライナ戦争とは関係ありませんが、全体的なエネルギー危機を悪化させました。

いくつかの著名な原子力批評家でさえ、既存の発電所をより長い間稼働状態に保つために開かれているように見えますが、新しい発電所の建設には反対します。

ロンドンに基づいた気候シンクタンクであるE3Gのトムバーク会長は「原発建設とロシアのガス損失による価格急騰には関係ない」と述べた。 。

しかし、彼は既存の原子炉の寿命を延ばすことが合理的であると言った。 彼は「安全にでき、経済的に価値があれば原子炉の寿命を延ばさない理由はない」と話した。

ドイツは原子力発電所を稼働し続けなければならないという周辺国の強力な圧力を受けています。 そうすることは ロシアの化石燃料の購入の中断の結果として予想されるエネルギー供給の全体的な欠如の問題を解決します。

しかし、ドイツの原子力発電所の寿命を延ばす可能性についての批評家は、原子力発電所を稼働状態に保つことは、現在の危機の要求を実際に解決していないと述べています。

ドイツは電力の約15%を天然ガス火力発電所で生産していますが、ほとんどが熱を生成するために使用されています。 つまり、原子力発電所はそれを完全に置き換えることはできません。 そして、批評家は、ドイツとフランスの間の送電網の限界を考えると、フランスはドイツの原子力発電所の過剰電力を利用することができないかもしれないと言います。 ベルリンを拠点とする気候シンクタンクのAgora Energiewendeのドイツの責任者であるSimon Müller氏は、今年初めに分析したところ、原子力発電所の寿命を延ばすと、予想されるエネルギー不足の1%しか解決できません。

ミュラーは「数ヶ月延長を見ると、依然として安全問題があり、依然として比例問題がある」と述べた。 「ガスの観点から見ると、これがガスシステムの大きな問題ではないというかなり確固たる見解があります。 議論は実際に電気の側面にあります。」

危機を克服するための短期計画に焦点を当てたドイツとは異なり、日本の指導者たちは原子力に対する新しい長期投資の扉を開いています。 日本はロシアのウクライナ侵攻以来燃料不足に直面しており、炭素のないエネルギーで気候目標を達成するために努力しています。

2011年に大地震と津波で福島第1原子力発電所がメルトダウンされた後、日本政府は新規原子力発電所の建設を中止することにしました。 さらに、事故により脆弱な老化した原子炉のリスクを減らすために、原子炉の稼働期間を制限しました。 定期的に地震が発生した日本は、主に放射線被ばくにより165,000人を家に強制移住させた福島災害の繰り返しを恐れていました。

しかし、国家指導者たちは今、災害以来、これまで以上に原子力を深刻に受け入れています。

経済産業省によると、2019年の原子力発電は日本の電力供給の6%を占めました。 日本は今、これを20~22%まで高めることを目指すだろう。 木田は、2023年夏までに原子力規制当局の安全審査を通過した17の原子力発電所が再稼働することを願っています。 岸田監督はそのうち9つを監督しました。 今年の冬の電力難に備えて、現在まで17個のうち6個が使用されている。

岸田首相は、今年末までに政府に国家のエネルギー供給を安定させ、持続可能なエネルギー源の開発における原子力の役割について「国民の理解を得る」ことを目指して詳細な計画を立てるよう指示した。 。 現在、経済産業省は次世代原子力発電所を安全に建設する方法を研究しています。

世界3位の経済大国である日本は、液化天然ガスをはじめとする資源輸入に大きく依存しています。 石炭火力発電所を閉鎖し、原子力発電所を解体し、電力不足に苦しんでおり、ヨーロッパがもはやロシアから流れていないガスを置き換えるためにグローバル供給を購入するにつれて、急上昇する液化天然ガスの価格にますます挑戦に直面しています。あります。

特に過酷な冬の気温と夏の爆炎のために政府が住民にエネルギーを節約するように促した後、原子力戦略の変化は今や日本の大衆にとってより好意的であるかもしれないという兆候があります。

日本政府は去る3月 初の「電気不足警報」発令 福島で地震が発生した後、6つの火力発電所が被害を受け、東京を含む数百万世帯に停電が発生しました。 政府は、東京の気温が華氏35.6度に下がる寒波にもかかわらず、停電に関する警告を送信し、家庭に電力を遮断するように求めた。 また同様の警告が来た 6月に

最近のいくつかの世論調査では、特に電力安定化のための努力の一環として、原子力発電所の再稼働をさらに支持することが示されています。 によると 最近の世論調査 復活について尋ねた。 安全審査を通過した原子炉は58%が賛成、39%が反対した。 日本読売新聞と早稲田大学社会科学研究所が共同で実施した今回の世論調査は、支持者が反対派を圧倒した団体の公開世論調査5年ぶりに初めてだ。

しかし、原子力は依然として日本では分裂的で深い感情的問題であり、これらの変化は安全に関する新たな懸念を引き起こす可能性があります。 北田の戦略に反対する人々は、原子力に依存せずに国の炭素足跡を減らすことができると述べたが、国は太陽熱、風力、水力、地熱発電を含むクリーンエネルギー源のすべてのオプションを完全に探索していない。

日本の野党がこの問題を掌握する可能性があり、地方政府の指導者たちが原子力発電所を再稼働することが政治的に難しいでしょう。 政治的感受性を考えると、電力会社は新しい原子力発電所への投資について懸念するかもしれません。

松野弘和(Hirokazu Matsuno)日本官房長官は木曜日のブリーフィングで「過去のように安全を保障しながら、将来のための安定したエネルギー供給を再構築するためのすべてのオプションを確保することが非常に重要だ」と述べた。 これに対して「様々な意見があることは知っているが、専門家たちと緊密に議論しながら検討を続ける」と話した。

Leeは東京で報告しました。 東京のJulia Mio Inumaがこのレポートに貢献しました。

READ  アリババは、中国の大規模な技術取り締まりに役員給与引き上げ凍結

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close