トップニュース

ドイツ、高台のリストから、日本とセネガルの除去、その他の5つの追加

ドイツ連邦政府機関であり疾病管理予防を担当する研究機関であるRKI(Robert Koch Institute)は、COVID-19感染率が増加した危険度が高い地域のリストを更新して、日本、セネガルとフランスの地域を削除しました。 リストからProvence-Alpes-Côted’Azur。

この決定は、9月24日に発表された9月26日に発効されます。 つまり、この二つの国と上記されたフランスの地域の旅行者は、もはや国や地域から到着した場合、適用される厳しい入国要件が適用されません。 高危険群に分類されます。

ドイツは今月初め、コロナ19事態で日本を高いリスク地域のリストに追加しました。 当時、日本当局は9月4日のみ17,456人の新しいCOVID-19の事例を報告した。 しかし、過去24時間の間に、日本は3,457人の事例を見てた世界保健機関(WHO)のデータが表示されます。 この国の人口は1億2630万人です。

一方、連邦保健省傘下RKIは、地域で報告されたCOVID-19感染の数が増加するにつれて、次の国や地域を高リスク地域のリストに追加しました。

  • ブルンディ
  • エチオピア
  • フランス共和国 – フランスの海外支部ニューカレドニア
  • セントビンセントおよびグレナディーン諸島
  • スロベニアの

世界保健機関(WHO)のデータによると、欧州連合(EU)の人口が2081万人、スロベニアの過去24時間の間に1,011人の新しいコロナウイルスの事例が報告されました。

ドイツ入国することができる高リスク国の12歳以上の旅行者は、入国時に予防接種証明書または検査の結果を提示する必要があります。 また、ドイツに到着する前に、einreiseanmeldung.deで登録して、その国に到着する登録証明書を携帯してください。

また、外国の高リスク地域またはウイルスの亜種地域に滞在した後、ドイツ連邦共和国に入国する場合、特別登録、証明検疫要件を遵守しなければならず、」とRKIは指摘します。

現在の予防接種を受けていない旅行者は、オーストラリア、チリ、香港、ヨルダン、カナダ、カタール、クウェート、マカオ、ニュージーランド、ルワンダ、サウジアラビア、シンガポール、南部の第3国でのみ非必須の目的で、ドイツに入国することができます。 韓国、台湾、ウクライナ、ウルグアイ

チリ、クウェート、ルワンダからの旅行者は、予防接種の状態に関係なく、EU執行委員会が加盟国に入国許可を勧告した後、9月26日から入国が許可されます。

>> COVID-19の中で、誰がドイツを旅行することができ、ルールは何ですか?

READ  岩手盛岡で震度5約 - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close