経済

ドイツの担当者に聞いた「ライカSL2-S」Q&Aレポート – デジタルカメラWatch

ライカカメラジャパンは、12月11日、ミラーレスカメラ「ライカSL2-S」(12月17日発売・税別60万円)の新製品発表会を実施。 関係者のための生放送で、ドイツ本社と中継を取ったQ&Aセッションもあった。

初めてライカカメラ買っのアンドレアス・カウフマン氏は、ロック中である、オーストリアの個人事務所でビデオメッセージを伝えた。 「ライカは、あなたの創造性を引き出すツールを提供するために使命を感じています」前置き新しいツールでライカSL2-Sを紹介した。

Q&A

通訳のライカカメラAG杢中薫氏(左)、シュテファン・さん(右)

続いて、朝8時は、ドイツと中継を接続して、シュテファン・さんとのQ&Aセッションが行われた。 質問は配信を視聴報道などの関係者から集めたもの。

– ライカSL2-Sセンサは、他の機種に採用キャリアはありますか?

このセンサーは、カメラで初めて採用します。 最新のBSI(裏面照射型)センサーのために暗いところの撮影やダイナミックレンジの広さなどの利点があります。

– ライカSL2-S “S”の意味は何ですか?

新しいカメラなので、以前のモデルとは異なる名前であります。 しかし、ライカSL2がベースモデルであるため、 “SL3″はありません。 Sの意味は、特に定めていないが、「Speed」または「Sensitivity」と思ってくれればいいかと思います。

– ライカSL2に比べ画素数が少ないこと、写真のダイナミックレンジは変わりますか?

同じ面積を持つ35mmフルサイズセンサーの画素数が少なく裏面照射型のためより多くの光を受け入れる部分が大きくなります。 これにより、ダイナミックレンジも拡大し、暗いところでの感度が高くなるような利点もあります。

– カメラの前面の「LEICA」の文字を黒維持したのはなぜですか?

ライカSL2との差別化を第一に考えたが、より目立たないツールらしさを演出するためにブラックました。 これペイントしていないのではなく、白の代わりに黒インクを入れています。

– ライカは、現在2,400万画素の解像度をどのように評価していますか?

2,400万画素の解像度とファイルサイズが良いバランスです。 暗い場所で感度も良く、解像度にも十分であると言えると思います。 最大の利点は、特に動画撮影時に見ることができます。 2,400万画素は動画との相性が良いので、よりクリーンな動画ファイルを記録することができるではないかと考えています。 写真はそこまで高い解像度を必要とせず録画品質をご希望の方に最適なカメラです。

– ライカSL2-SとレンジファインダーカメラのライカMレンズの相性はいかがでしょうか?

Mレンズを使用する最高のは、M型デジタルカメラです。 しかし、2番目にベストなライカSL2とライカSL2-Sと呼ばれます。

理由の一つは、カメラの前面に環境光センサーを持っています。 Mデジタルの前面に環境光センサーが搭載されており、電気接点のないMレンズを装着しても、カメラの絞りの値を計算することができます。 これにより、周辺光量落ちなどを補正する機能が動作します。 ライカ純正アダプタであれば、装着レンズを識別するための6bitコードを認識することができるため、正確な補正が可能です。

もう一つ重要なことは、イメージセンサーフロントカバーガラスを薄く設計されているのです。 フィルムカメラ用に設計された多くのMレンズはイメージセンサーの前に厚いカバーガラスによって画質を落とすことができます。 ライカSLシリーズは、このを防止設計がされており、この点でもMレンズの性能を最大限に生かすことができる設計になっています。

また、特に強調したいのは、Mレンズで動画を撮影することができるのです。 Mレンズの描写で動画撮影を行う多くのカメラマンに好まれています。 これを一度試してみて、ユニークな動画を撮影することができていると思います。

– ライカSL2-Sはどの被写体に適していますか? ライカSL2とどのように差別しますか?

撮影目的が大きいプリントやアート、コピーなどであれば、4,730万画素のライカSL2がいいと思います。 一方、撮影目的がルポグァ日常を切り取っようなもので、撮影条件が良くなかったか、暗いところを撮りたい場合などには、ライカSL2-Sが合うので、それぞれを使い分けることができていると思います。

特にライカSL2-Sは動画性能が高く、写真やビデオの性能がバランスよくなっているという点でも動画機能の多くを使用する方は、ライカSL2-Sをお勧めします。

READ  「Apple PayのPASMO」を紹介バス利用者のためのサービスも充実 - iPhone Mania

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close