世界

ドイツは洪水比を守り、教訓を考慮し

ベルリン(AP) – ドイツの管理は、西ヨーロッパで多くの人々を驚かせて190人以上の死者を出した激しい急流に直面して、洪水のために準備を弁護しているが、災害から教訓を学ぶ必要があることを認めます。

ドイツ西部、ベルギー東部、オランダ全域でこれ以上の犠牲者を探して混乱を整理しようとする努力が洪水が減り、月曜日続きました。 これまでで最も大きな被害を受けたドイツの地域であるラインラント – プファルツの117人が死亡したことが確認された。 46隣国ノルトライン=ヴェストファーレン州。 そしてバイエルンの少なくとも一つは、週末に大雨と洪水が発生した地域です。 ベルギーでは、少なくとも31人が死亡しました。

先週半ばに、一般的に小さな川が驚異的な速度で発酵した豪雨が予報されたが、潜在的に致命的な被害に対する警告が地上の多くの人々に配信されていないようです。 多くの場合、夜中に発生します。 。

「今最前線に立っている即時サポートをするとすぐに、うまくいかない部分があるのか​​、誤った部分がないか調べて是正する必要があります。 「Peter Altmaier経済大臣はBild紙に言いました。 “それは後ろ指に関するものではなく、将来のための改善に関するものである。」

連邦および州の当局は9月の総選挙を控えた差し迫った災害について、市民に警告していなかったという理由野党政治家の批判に直面しました。 しかし、Horst Seehofer内相は、連邦管理がミスを犯したという主張を一蹴し、警告は、「災害保護の決定を下す “地方当局に伝えたと言いました。

Seehoferは、ドイツ西部のシュタインバッハ貯水池を訪問した際、「今私は聞いている言葉の中には、安価な選挙捜査と言わなければなら」と語った。 「今は本当にこういう時はない。」

ドイツ市民保護庁長は、ドイツの気象庁が「比較的よく予測した」と述べた。

しかし、Armin Schusterは日曜日遅くZDF TVとのインタビューで「30分前にいくつかの場所にどれだけの水があふれかも言えない場合があります。」と言いました。 彼は150の警告通知がアプリやメディアを介して送信されたました。

彼は「サイレンが鳴っ所と鳴らされていないところを調査しなければならないだろう」と言いました。

ドイツラインラント – プファルツ州の管理者は、洪水によく準備し、地方自治団体の警報を発令して措置を講じたました。

しかし、ロジャールウェンツ内相は日曜日メルケル首相と一緒に大きな被害を受けたシュルドゥ村を訪問した後、「当然、電気などの技術基盤施設が一度に破壊される問題があった」と述べた。

現地当局は「非常に迅速に対応しようと努力した」と語った。 「しかし、これは瞬間の水爆発でした。 …最高の準備と​​警告状況を持つことができますが(ただし)警告装置が破壊され、建物に移動すると、非常に厳しい状況です。」携帯電話ネットワークも洪水のため切断されまし。

9月30年ぶりに実施した全国的なテストがほとんど失敗した後、ドイツの緊急警報システムについては、すでに大規模な質問がありました。 サイレンは、複数の場所で鳴らさないか、冷戦終結後に削除され、国のアラームアプリのプッシュ通知が遅れて到着したり、すべてがありません。

市民保護機関の責任者であるSchusterは地元当局は、より多くのサイレンを設置することを奨励する運動を含む、今年の初め、市民保護の改革プログラムが起動されたと述べました。 ドイツに災害警告のためのテキストメッセージシステムがありませんSchusterはDeutschlandfunkラジオにこの可能性を模索していると言いました。

地域社会が崩れた住宅や給水系統などの基盤施設を再建する巨大な作業を考慮するに応じてメルケル首相の内閣が構成される予定です。 水曜日に即座に中期財政支援パッケージ。

スタインバッハ貯水池でノルトライン=ヴェストファーレン州知事であるアルミンラシェアップデート(Armin Laschet)はダムが10,000年に一度発生する可能性のある危険に備えて設計されたました。

彼は記者に「最後の数日間、この数値を超えた」と述べた。 「誰も予想していなかった可能性だった。」

___

Frank Jordanは、ドイツのSteinbach貯水池で、このレポートに貢献しました。

READ  台湾、COVID-19リスクの増加、株価の下落警告

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close