技術

ドイツチームが宇宙テーマ大会で500万ドルANA Avatar XPrize優勝

カリフォルニア州ロングビーチ – ドイツのチームNimRoは、リモートコントロールロボットが宇宙探査にどのように貢献できるかを示すテストプロセスを終えた後、11月5日にANA Avatar XPrize決勝戦で500万ドルの賞を獲得しました。

フランスのスタートアップPollen Roboticsが200万ドルの賞金を獲得しました。 BostonのNortheasternチームは3位になり、100万ドルを獲得しました。

10カ国17チームがロングビーチコンベンションセンターで2日間、ANA Avatar XPrize決勝戦に進出しました。 宇宙探査テーマは、大衆を参加させながら宇宙関連作業のアバター技術を検証するのに役立つように設計されています。

2004年に航空宇宙エンジニアであるBurtが率いるチームが、Ansari XPrizeを1千万ドルで主張して以来、初の公開XPrizeテストイベントでした。 ルタン Microsoft 共同創設者 Paul Allen がサポートしています。

XPrize FoundationのCEOであり、Ansari XPrizeの創設者の一人であるAnousheh Ansariは、「この種の技術を適用することの1つは、人間が厳しい時間を費やすのが難しい過酷な環境に適用することです」と述べました。 スペースニュース。 「火災や原発崩壊の状況かもしれませんが、宇宙環境も人体にあまり親和的ではありません。 それは確かにロボットがあなたに写真を送るのではなく、手段を通して極端な環境と表面を探索する手段になるかもしれません。 アバターシステムを使用すると、より多くの感覚情報を得ることができます。

日本最大の航空会社であるANAは2018年アバター大会の後援を発表した。

ケビン・カジタニは、「人口の約6%だけが航空会社を使って長距離旅行をすることができる今、私たちが住んでいる世界を考えるとき、世界をつなぐために埋めるべきかなりのギャップがまだあります」と述べました。 、2020年にANA Holdings Inc.が発売したスタートアップであるAvatarin Inc.の共同創設者であり最高経営責任者です。

たとえば、アバターは出張者が自宅の家族とつながったり、遠く離れた場所にいる親戚を訪問したりするのに役立ちます。 Kajitaniは、宇宙シナリオも「ロボットシステムを介して人間がアクセスできない領域に入ることができるため、非常に意味があります」と述べました。

2006年国際宇宙ステーションで8日を過ごしたアンサリは、「そのレンズを通して世界を見る能力は革新的でした。 そのレンズは私の人生のすべてに優先順位を付ける別の方法を与えました。

地球上の誰もが地球の低軌道に旅行することは不可能です。 アバターシステムを使ってその経験に近づくことができるのは、宇宙で地球の写真を見る以上のものであるため、依然として変形的です」とAnsari氏は言います。 「アバタースーツを着てロボットの目を通して見るのに十分な時間を過ごすと、脳は自分をロボットだと考え始めます」

ANA Avatar XPrize決勝戦では、リモートコントロールロボットは、挑戦を説明する人間指揮官との相互作用とレバーの移動、岩が並ぶ25メートルのコース横断、体重測定など一連の作業を行う能力で審査されました。 キャニスターを操作し、バッテリ駆動のドリルを使用し、テクスチャに応じて岩石を選択します。

「私たちはとても難しくしました」とAnsariは言いました。 「障害物コースでは、ロービングだけでなく拾いにくいものを拾い、手や指を動かしてドリルを使用します。」

ANA Avatar XprizeのシニアプログラムディレクターであるDavid Locke氏は、「成功するためにはANA Avatar Xprizeの競合他社が「移動性、ロボット工学、人工知能、高度なセンサー、触覚の発展」を組み合わせる必要があると述べました。

本大学の自律知能システム研究室のNimRoがXPrize受賞者で作ったアバターは、人間の胴体のような上体とそれぞれ5本の指を持つ2本の腕を持っています。 頭部には、広角ステレオカメラ、ステレオマイク、オペレーターの顔のアニメーションバージョンを示すディスプレイが付いています。

READ  アップルは99ドルミニを支持して、オリジナルホムパトを放棄する。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close