スポーツ

ドイツ・スペイン、「死の軍団」脱退を好む

イスタンブール

スペインとドイツは日本、コスタリカと共にE組に編成されていますが、両ヨーロッパ巨人とも「死の組」から出るのが有利です。

ドイツとスペインは予選戦で印象的な姿でトーナメントに進出し、たった1敗だけを味わった。

21大会のうち16大会に出場し、ワールドカップ本選に最も多く進出したチームのひとつであるスペインは、1974年以降に決勝戦に欠場したことがありません。

以前の夏のワールドカップ大会では、チームのディフェンダーとミッドフィルダーの位置は、2010年のワールドカップと2008年と2012年に2ユーロを達成しました。

ディフェンダージェラード・ピケ、セルヒオ・ラモス、ミッドフィルダーアンドレス・イニエスタ、ダビド・シルバなどの選手たちは、国家代表チームから引退したため、トーナメントに出場できないでしょう。

Sergio Busquets、Rodri、Alvaro Morataのような名前で今年のワールドカップに参加するいくつかの有望なスターは、Pedri、Ferran Torres、Ansu FatiなどのLuis Enriqueの面で自分自身を定義する機会を持っています。

スペインワールドカップ代表チーム

ゴールキーパー:ロバート・サンチェス(ブライトン&ホブ・アルビオン)、ウナイ・サイモン(アトレティック・ビルバオ)、デビッド・ラヤ(ブレントフォード)

ディフェンダー:ポトレス(ビジャレアル)、アイメリックラポルテ(マンチェスターシティ)、エリックガルシア(バルセロナ)、ホセガヤ(バレンシア)、ジョルディアルバ(バルセロナ)、ダニカルバハル(レアルマドリード)、セザールアスピリクエタ(チェルシー)、ヒューゴギヤモン(バレンシア))

ミッドフィルダー:ロドリー(マンチェスターシティ)、セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)、フェドリー(バルセロナ)、ガビ(バルセロナ)、マルコス・ヨレンテ(アトレティコ・マドリード)、カルロス・ソレル(パリ・サンジェルマン)、コケ(アトレティコ)

FW:ダニ・オルモ(ライプツィヒ)、アンス・パーティー(バルセロナ)、フェラン・トーレス(バルセロナ)、エレミー・ピノ(ビジャレアル)、マルコ・アッセンシオ(レアル・マドリード)、ニコ・ウィリアムズ(アトレチック・ビルバオ)、パブロ・サラビア(パリ・サン) 、アルバロ・モラタ(アトレティコ・マドリード)

ドイツ

ドイツは10試合を行った勝点27点で2位の北マケドニアを勝点9点車に先んじて欧州予選組1位を記録してワールドカップ本選進出に成功した。

「Die Mannschaft」はトーナメント史上最も成功した国家代表チームの一つで、1954年、1974年、1990年、2014年に4回も切れる優勝を獲得しました。

彼らは2002年から2014年までの21大会のうち19大会に参加し、4回準優勝し、すべての大会で少なくとも準決勝に進出しました。

チームはマヌエル・ノイヤー、トーマス・ミュラー、イルケイ・ギョンドガン、ルロイ・サネなど有名スターと共に2022年トロフィーを狙っている。

しかし、ドイツはボルシア・ドルトムント・デュオ・マツ・フンメルスとマルコ・ロイスがいないだろう。

Hummelsはドイツの代表チームには含まれておらず、Reusは過去2か月間足首の怪我をしました。

ドイツワールドカップ代表チーム

ゴールキーパー:マヌエル・ノイヤー(バイエルン・ミュンヘン)、マーク・アンドレ・テア・シュテゲン(バルセロナ)、ケビン・トラップ(アイントラヒト・フランクフルト)

ディフェンダー:アルメル・ベラ・コチャフ(サウサンプトン)、マティアス・ギンター、クリスチャン・グンター(フライブルク)、ティロ・ケラー(ウェストハム・ユナイテッド)、ルーカス・クロスターマン、ダビッド・ラウム(RBライプツィヒ)、アントニオ・リューディガー(レアル) 、ニコ・シュロターベック、ニクラス・スーレ(ボルシア・ドルトムント)

攻撃者:カリム・アデエミ、ジュリアン・ブラント、ユスファ・ムココ(ボルシア・ドルトムント)、ニコラス・フルクルグ(ベルダー・ブレーメン)、セルジュ・グナブリ、レオン・ゴレツカ、ジャマル・ムジアラ、ヨシュア・キミヒ、トーマス・ミュラー、ルロイサバイエルン・ミュンヘン)、マリオフチェ(アイントラ)、イルカイ・ギョンドガン(マンチェスターシティ)、カイ・ハーベルツ(チェルシー)、ヨナス・ホフマン(ボルシア・ミュンヘングラトバッハ)

日本

アジアカップ4連敗を達成した日本がワールドカップ7連敗に挑戦する。

Samurai Blueは2022カタールで22点を集め、リーダーであるサウジアラビアで1点後の2位を記録しました。

日本チームは上位リーグであるJ1リーグで6人の選手がチームにいます。 残りのチームはヨーロッパの5大リーグのサッカー選手で構成されます。

アーセナルの富山武弘、モナコの南野拓美、セルティックの前田大善とも26人のスクワッドに属する。

コスタリカ

ラテンアメリカチームのワールドカップ史上6番目です。

中米に位置するコスタリカは大陸間プレイオフでギリギリな勝利でオセアニア予選優勝チームニュージーランドを破って32カ国のワールドカップラインナップを完成した。

タイコスは1990年ワールドカップにデビューして16強に進出した。

しかし、コスタリカは2014ブラジルワールドカップで最善を尽くした。 彼らは4強から脱落しました。

Joel CampbellとKeylor Navasはコスタリカの脾臓のカードになります。

E組スケジュール

11月23日:

ドイツ – 日本

スペイン – コスタリカ

11月27日:

日本 – コスタリカ

スペイン – ドイツ

12月1日:

日本 – スペイン

コスタリカ – ドイツ


Anadolu Agency Webサイトには、AA News Broadcasting System(HAS)加入者に提供されるニュース記事の一部のみが要約された形式で含まれています。 購読オプションについてお問い合わせください。

READ  解説:オリンピックシャッフル、新しい指導者、スポーツニュース、主要ニュースに対する日本の逃した目標を強調

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close