世界

ドイツ・西洪水で20人以上が死亡、数十人が行方不明

西ヨーロッパで洪水が出て水曜日に20人以上が死亡しており、数十人が行方不明され、多くの人々が屋上に取り残されました。

嵐は川岸を爆発させる大雨をもたらし町や村を襲っている急流を送った。

ドイツ当局は西部ラインラント – プファルツとノルトヴェストファーレン州での洪水で少なくとも19人が死亡し、車両が流さて建物が崩壊し、緊急事態を宣言しました。

ラインラント – プファルツ(Rhineland-Palatinate)のマルクドレイヤー(Malu Dreyer)首相は「災害である!死者、行方不明者は、多くの人々はまだ危険にさらされている」と述べた。 彼は「すべての緊急救助隊が24時間勤務し、自分の命をかけている」と付け加えた。

ケルン南のユースキルヒェン西部郡から当局は木曜日洪水に関連して、少なくとも8人が死亡しており、一部の地域では電話やインターネット接続が切断された後、救助作業に支障をきたすたと明らかにした。

一方、ケルン南東西部コブレンツの警察はアルバ露郡で最低4人が死亡しており、最大70人が行方不明され、数十人が救助を待っている家の屋根に閉じ込められたことが報告されたと発表した。

当局は、膨脹可能なボートやヘリコプターを使用して洪水に座礁した人々を識別し、構造し、ドイツ軍は救助作業を支援するために、200人の兵士を配置しました。

Schlund村の公式死者数はまだコブレンツ警察によって更新されておらず、現在4名です。

しかし、警察は、地域社会の中で一晩、少なくとも6軒の家屋が崩れれ「多くの人々が私たちに行方不明になったと報告された」と話した。

一方、ケルンのすぐ南のライン – ジーク郡当局は近くのダムが崩れることがあるという懸念にいくつかの村に避難を下した。

洪水による被害の全体の範囲は、まだ不明であり、洪水や地滑りで村と道路へのアクセスがブロックされます。

隣接したベルギーでは、少なくとも1人が溺死したものと見ており、いくつかの村で水位が前例のないレベルに上昇した豪雨で国東部地域が強打を、当該他の1人が行方不明と報告されました。

ドイツとの国境に位置し、東Eupenである男性が急流に流され死亡したと報告した地域の知事がRTBFネットワークに言いました。

気象専門家は、ほとんど停滞した低気圧の気象システムが、ベルギーとオランダに前例のない大雨を起こしたと言いました。

フランスのも大雨が降ったし、今週、英国首都ロンドンと英国南部の一部の地域で大雨と洪水が発生しました。

ドイツ気象庁DWDは木曜日に大雨が終わると予報した。

ウルズラ・フォン・デア・ライエンEU執行委員長は、大雨と洪水で被害を受けた人々を助けると約束しました。

彼女はツイートで「ベルギー、ドイツ、ルクセンブルク、オランダで発生した巨大な洪水による犠牲者の家族や家を失った人々と一緒に考えています。EUは支援する準備ができています。」と言いました。

READ  英国はHMSエリザベス女王を太平洋に送り、米国、インド、日本、韓国と計画された訓練

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close