世界

ドイツ政党、連合会談で2030年の石炭段階的退出に合意 – 出典

2021年11月5日、ドイツのケルン近くのノイラート石炭発電所の全景。 REUTERS/Wolfgang Rattay

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

ベルリン、11月23日(ロイター) – 新政府構成のために交渉中のドイツ社民党(SPD)、緑党、自由民主党が連合交渉を通じて2030年までに石炭を段階的に廃止することに合意したと関連消息筋が伝えた。 会談は火曜日のロイターに語った。

1つの情報源は、3党が連合合意を終える段階にあり、水曜日に合意案を発表することを希望すると述べた。

気候政策は、ヨーロッパの最大の経済が炭素中立に転換するにつれて、新しい政府が最も近くで見ている分野の1つです。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

3カ国はまた、2040年までにガス発電を中止することに合意したと連合会談に関連した消息筋がロイターに語った。 さらに、ガス暖房システムは新築の建物で禁止され、既存の建物で交換されると彼らは言いました。

消息筋は、新しい内燃機関の自動車販売が欧州連合執行委員会の計画と一致する2035年まで中断されると述べた。 グリーンズはより早い日付を望んだ。

当事者はまた、「青色」の水素、または地下または海底貯蔵庫から捕獲されたCO2排出とともに天然ガスを使用して水素を製造することを可能にすることを望んでいます。

彼らはまた、産業とエネルギー政策を含む強化された気候省を構築することに合意したと、消息筋は言った。

両党が合意を終えると、サミン党のオラフショルツが9月26日総選挙で5選に挑戦しなかった保守的アンゲラ・メルケル首相に代わるようになる。

交渉に携わった3人の消息筋は、財政的に保守的なFDPの代表であるChristian Lindnerが、計画された新しい政府で財務大臣になる予定だとロイターに語った。

ある消息筋は「長い間確信していた」と述べた。 もう一人はその見解を反映し、三番目は最終的に合意されたことは何もありませんが、もう一つは驚くだろうと言いました。

党指導部は火曜日ベルリンで会って不一致の顕著な部分を議論する予定であり、水曜日に交渉を終えることを希望したが木曜日まで続くと会談に精通した消息筋が伝えた。

緑党とサミン党は自然な中道左派パートナーとして広く知られていますが、FDPは歴史的に保守派に近いです。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

Christian Kraemerの追加報告Kirsti KnolleとMadeline Chambersの著書。 Raissa Kasolowsky, William Maclean 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  アイスランドFagradalsfjall火山噴火の写真

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close