エンターテインメント

ドキュメンタ、映画上映キャンセル要請諮問団「検閲」主張 – ARTnews.com

ドキュメンタ15で番組を監督する任務を引き受けた諮問委員会は、反ユダヤ主義に対する継続的な非難の中で、アーティスト集団であるSubversive Filmが制作した映画上映の取り消しを要求しました。 一方、5年に一度開かれるカッセル展示会の主催側は、取り消し要求が「検閲」と答えた。

「東京リールズ」というタイトルのこの映画プロジェクトは、1960年代から1980年代の間に作られた日本とパレスチナの関係に関連する以前に見られなかった映画グループを特徴としています。 Ramallah-to-Brusselsに基づいた集団によって確立されたウェブサイトの声明は、ドキュメンタリーのために完了した復元プロジェクトを「超国家的戦闘映画の不完全なアーカイブ」を探求することを説明しました。

関連記事

声明に反ユダヤ主義の傾向を含むと疑われる作品を監督するように任命された7人の文化専門家パネルで構成された諮問委員会は、水曜日に開催される予定の上映の「緊急」キャンセルを勧告しました。 声明は、パネルが「合法化する」と述べたプロジェクト全体にわたるアーティストのコメントに加えて、映画の主張される「反ユダヤ主義と反シオン主義作品」を引用しました。[s] イスラエルに対する憎しみと彼らの批判的な議論を通して、元の資料からテロリズムを美化。

パネルは映画でイスラエルを「反ユダヤ主義」として特徴付ける「ファシスト」という言葉の使用を発見し、これが「イスラエルを国家社会主義ドイツと同一視する」と述べた。

エキスパートパネルは、ショーを取り巻く進行中の反ユダヤ主義の非難を分析するために、8月上旬にカッセル市とヘッセ州が設立されました。

最新のステートメントでは、パネルは、アラブ – イスラエルの紛争を扱う作品に関連するプログラムで「反イスラエルの態度」を示す文書15を非難しました。 パネルは、作品が「宣伝的性格を明確にし、反ユダヤ的要素を明確に識別し、歴史的歪みを修正する方法で」再コンテキスト化されれば、作品の公開上映の「可能な再開」が考慮されるだろうと述べた。

この報告書はまた、日本の映画監督のマサオ・アダチと製作者の協力に関する映画シリーズを批判します。 彼は1970年代パレスチナ抵抗軍を支援した日本の敵軍の元メンバーだ。

公開書簡で、文書15の主催側と65人の署名者は、主張を強く否定し、パネルが調査結果を確立するために不明な方法論を使用したと批判した。 「検閲拒否を支持するため、私たちはこの科学諮問パネルの創設に強く反対しました」と書かれています。

「私たちは彼らの予備報告書の主張を受け付けていません。」 パネルの結果が「ヨーロッパ中心の優位性」にあると説明する手紙が続きます。

Subversive Filmsの担当者はすぐに返信しませんでした。 アートニュース フィードバックの要求。

READ  日本の国内総生産(GDP)は心配よりも減ってダブルディップ心配緩和

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close