経済

ドコモの手頃な価格のプランの発表を「政府の介入」と批判する人が知らない事実、通常の競争を促進するために重要であると| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

政府の介入に賛否両論がありますが…

NTTドコモは、携帯電話(スマートフォン)の新料金プラン「ahamo(アハモード)」を発表した。 5G対応料金は月額2,980円、データ容量は20ギガバイトで1回あたり5分までの無料通話が付く。 会社が新しい低料金制を発表した背景の一つは、政府の介入がある。

写真=時事通信フォト

データ通信容量20ギガバイト月額2980円の新料金プラン「ahamo(アハ某)」を発表したNTTドコモのこの基之社長= 2020年12月3日、東京都渋谷区

経済の創始者と呼ばれるアダム・スミスは、彼の著書 “国の部「中で」私たちは、自分の利益を追求することで、より効率的に社会全体の利益を高めることができる場合がある」と力説した。それをもと伝統的な経済学は、市場に多数の需要者と供給者が存在し、それぞれ同一の情報を持つは「完全競争」を前提に、有限な生産要素が市場メカニズムによって再び配分され、その結果として経済が成長すると考えてきた。

しかし、現実の社会は、そのような通りではない。 日本の携帯電話市場は、その良い例である。 日本の通信大手3社の営業利益率は20%を超えてシェアは99.7%で寡占状態にある。 賛否両論があるが、寡占化市場を改善するために、政府が一定の介入を実施し、企業間の競争を促進するより公平・公正な市場環境を志向する発想は重要である。

寡占市場での価格引き下げを開始すると、何が起こるか

菅政権は、携帯電話市場に介入して、大企業の3社による寡占化を是正しようとしている。 それは、経済全体の厚生を高めるために必要な努力とすることができる。

伝統的な経済学の理論は、完全競争が成立している市場では、「神の目に見えない手」によって導かれるかのように、需要と供給が均衡して価格が形成されて、経済全体にとって最良の状態が達成されると考えられてきた。 これらの完全競争市場では、個々のプロバイダと需要者の行動が変化しても、価格には影響がない。 政府は、市場に介入してはならない(人の自由な経済活動を尊重しなければならない)ローハンだ。

しかし、日本の携帯電話市場はNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社の寡占状態にある。 寡占は少数の企業が市場の大半を占める状態である。 寡占状態にある市場で1社が携帯電話料金を引き下げ、市場シェアの拡大を狙っているとしよう。 すると競合会社の対応策として安価な料金プランに到達シェアを維持し、改善を目指す。 その結果、価格競争が激化し、最終的には寡占化された市場で獲得されてきた高い利益率(超過利潤)は低下する。

これらのオープンを避けるために寡占が続い市場(競争相手の顔が見える状態)で各社は、自社のシェアを維持し、価格を維持する重視するようになる。

READ  政府支援の後、2020年に日本で記録された低破産件数 - レポート

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close