経済

ドコモ新しい計画で携帯電話料金が本当に降る? 菅首相のパフォーマンスに「NHK受信料の一層力を注ぎ」と怒りの声(2):J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

菅義偉政府が政策の中心に位置付け、携帯電話料金引き下げ戦争が本格化すると見られる。

2020年12月1日、多くの主要メディアはNTTドコモが今週中に新しい料金プランを発表すると報じた。 すでに安価計画を発表した大手企業2社、KDDIとソフトバンクよりも安価な料金を提供する予定である。

まさに武田良太総務大臣は、この日の記者会見で、「歓迎する」旨を発表したが、ネット上では「非常に利用者が使いやすい計画か?」という疑問の声が圧倒的に多い。

  • 携帯電話料金が下がると嬉しい? (写真はイメージ)

  • 携帯電話料金が下がると嬉しい? (写真はイメージ)

「スポンサー不良サービスホステスのようなんだ」

ネット上ではNTTドコモの新料金問題も含めて、今回の総務省VS移動通信料金引き下げ騒動は、このような意見があふれている。 まず、ドコモの新料金がどうなるかであるが、ITジャーナリスト篠原修二氏がこのように公開した。

「現在の通信会社のシェアは、ドコモが34.9%、au 24.6%、ソフトバンクが15.5%でドコモの人気が高い(MMD研究所調査).NTTドコモが本体ブランドの価格を下げるサブブランド値下げに対抗してきた二つの会社も価格競争をしなければならことになる。その結果、武田総務大臣の希望通りになるような展開です。影響が大きいことは、MVNO(格安携帯電話会社)のサブブランドUQモバイルは3.0%、ワイモバイルは2.5%のシェアを持っていますが、ドコモのサブブランドが登場すると、その通信エリアの広さ、信頼性の乗り換えが進むと予想されます。今後数年に渡って外の携帯電話料金が安くていきます。」

フリーランスのジャーナリストの山口健太郎さんもこう推測する。

「ドコモの新料金は、新たに導入するとされている3000円前後のサブブランドが目を引きますが、能力のある若者を中心に見ることができます。多くの人が気にスイヌンヌンメインブランドに値下げ今ドコモの5G基ホウン100GBであり、キャンペーンで無制限になっています。ドコモは、ユーザーがどのように多くのデータ量を使用しているかどうかの実態を把握しているので、政府の値下げ要請に応えながら収益の損傷を最小限にするラインを判別してくること。問題は、どのような条件が付くものです。これまでのドコモは、家族割引と光セット割引のほか、dカード決済の割合で金融サービスとの連携を図ってきました。通信単体での収益は減少したとしてもドコモ全体の収益性を高めることカバーのような施策になります」

携帯料金の引き下げについては、長期的な加入者が恩恵を受けていないことが怒っている声が多かった。

「長期契約している人の割引をお願いします。新規および乗り換えのみ割引は、その考えがおかしい。ドコモの光を契約しているので、Wi-Fiと一緒にいれば、20ギガバイトは使用できない。そうすると基ホグァ基ライト割引をしてもらいたい。それは、長期契約の顧客のための割引なども良いのでは?」

“長期ユーザーに同感ですね。何かキャバ嬢のようなね。常連客は、放っておいても来てくれるので、不良新規顧客を獲得のために熱心にサービスたまには別の店に行ったほうがいいかな」

「もちろん、携帯電話会社が釣った魚に餌をしないと考えは、携帯電話の普及当時から何も変わっていなかった。だから、相手が変わることを期待するよりも多くの乗っ乗り換え新規利益を受けることが有利です。政府が発表した(携帯料金引き下げの)行動計画は、事業者間の移植性を高めることが目的とされています。したがって、その誘導のために新規契約などの入り口は、フルことはあっても、長期加入者のための利点は期待できない状況です」

利用者は、携帯各社に吸うことができないように、より賢くするというアドバイスが多かった。

“価格に鈍感な長期契約の存在こそ移動通信の傲慢化に接続されているものです。言葉は悪いですが、企業から見れば、手頃な価格のSIMに乗り換え頭なく第三者に乗り換えるボールもないばかりか計画を検討手間もかけることができず、解約もできず、静かにお金を落とすだけの人がアヒルゲストだから、長期加入者優遇は難しいですよね」

具体的にはどのようにすればいいかな。 このようにアドバイスする人も。

「自分はソフトバンク→楽天→ワイドモバイルに乗り換えてきたが、それぞれ乗り換え特典として、特に損害はなかった。端末は、常にアップルストアで購入したSIMフリーです。キャリアの中で大量に購入よりも安くなります。手続きも私の番号のカードの取得に比べると簡単なことです。」

「DSDV対応端末を購入し(今なら4万円程度で適当なものを購入することができます)
ドコモの携帯電話プラン+ UQのモバイルデータの高速3GB計画運営します。 だから月に2200円程度でカーケホダイウル追加しても3000円4000円くらい。 家族もドコモであれば、携帯電話の計画ドコモを維持することにより、家族と無料通話が確保されます。 3GB使い切れない場合は、残りの部分を翌月に繰り越されます。 UQのモバイルならauボンガグァ同じ品質であるため、速度不足の心配がありません。 端末を準備して解約金を支払うなどの初期投資はそれなりにかかりますが、今使用している端末を販売することで、多少補うことができます。 端末がiPhoneとgalaxy場合おつりがくるかもしれません。 自分が走ってますが、自分が要求したものに到着することができます “

一方、元の民間企業の「価格」の問題で政権を持って圧力をかけることは、以上のだという意見が多かった。 総務省の場合、携帯電話の料金よりもNHKの受信料問題を解決しなければならないという人が非常に多かったのだ。

READ  オンライン肉の販売、日本の肉食動物の間で隙間市場を開拓

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close