ドバイフューチャーラボ、日本科学技術庁、研究協力発表アラブニュースジャパン

1 min read

アラブニュース日本

ドバイ:ドバイフューチャーラボと大阪大学が新しい技術と概念の研究開発(R&D)に協力することで契約を締結しました。

日本科学技術振興機構(JST)の監督のもと、この協定は「ドバイ研究開発プログラム」に従って締結されました。 このプログラムは、エミレーツ全域での研究、開発、革新のための包括的なフレームワークを提供し、コア経済セクターを支援し、新たな成長機会を創出することを目指しています。

ドバイフューチャーラボとJSTのMoonshot Goal 1は、電気通信大学、RIKEN、先端通信研究所国際およびCyber​​ Agent、Inc.と共同研究開発活動を行い、サイバーネティックアバター連合:サイバーネティックアバター技術のためのドバイ日本研究所というテーマで世界レベルの研究実験室を設立する予定です。

エミレーツ通信会社(WAM)によると、このコラボレーションは、3つのプロジェクトにわたってサイバーネティックアバターの分野で最先端の研究活動を実施することに焦点を当てています。 つまり、大規模言語モデル(LLM)を使用して、1人のオペレータが複数のサイバーネティックアバター(CA)を運営し、多文化相互作用に適したサイバーネティックアバターロボットを開発し、さまざまなタイプのサイバーネティックアバター(CA)にの社会的受け入れ研究を行うことです。

DFLとJSTの協力により、ドバイの研究開発プログラムも強化されます。 このイニシアチブは、エミレーツ全域で優先分野である健康と健康、環境技術、スマートインフラストラクチャ、空間に関する包括的な研究、開発、イノベーションフレームワークを提供することで、主要な経済部門を支援し、新たな成長機会を創出することを目指しています。します。

DFLとJSTのリーダーシップチームは、JST Moonshot研究開発プログラムに関連するパートナーシップと将来の共同プロジェクトについて議論するために会いました。 特に、2050年までに人間が身体、脳、空間、時間の制限から自由な社会を実現するというMoonshotの目標1に焦点を当てました。

Dubai Future Labsの専務取締役であるKhalifa Al Qamaは、「私たちは世界最高の研究者、専門家、機関と協力し、知識とアイデアを交換し、重要な分野の研究開発を進めることに専念しています」と語った。

「日本科学技術庁とDFLは、革新を通じて挑戦を克服する技術で、可能な未来に対するビジョンを共有しています。 この協力は、共有研究開発と知識交換の可能性を引き出すのに役立ち、国境を越えて心を集めてグローバルコミュニティに貢献します。

JSTの社長である橋本和人博士は、「JSTは、日本の科学、技術、革新を奨励する主要機関の1つです。共有することは非常に重要だと思います。」

「ドバイでパイロットテストを実施することは、Moonshot Goalを達成するために非常に重要であるだけでなく、研究と協力の活動を通じてグローバルな視点を持つ新世代の革新者を育成し、両側が新しい高さに成長することができる関係を築くことです。です。 この協力は、サイバーネティックアバターを含むロボット、デジタル、AIの研究開発をさらに進化させ、「身体、脳、空間、時間の制約から自由な社会」を実現するのに役立つことを願っています。

*WAMと共に

READ  あれ「はやぶさ2」の次なる目的地拡張ミッションの目標を「すばる望遠鏡」が撮影| sorae宇宙のポータルサイト
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours