ドライバー不足で日本は4位に下落

Estimated read time 1 min read

歩行者は2024年2月8日、東京の通りに沿って東京証券取引所の締め切り番号を示す電光掲示板を通過しています。 [Photo/Agencies]

ドイツが日本を抜いて世界3位の経済大国になった。 木曜日に発表された日本公式データによると、日本の2023年名目GDPは591兆4800億円(4兆2100億ドル)で、ドイツの4兆4600億ドルより低かった。

名目GDPは、1年間生産されたすべての製品とサービスの価値を現在の市場価格で計算したものです。 実質GDPに比べて、名目GDPは市場価格と為替レートの変動に敏感です。 2023年の円の平均為替レートは1ドルあたり140.5円で前年より高かった。

しかし、円安は日本を訪れる外国人観光客のインバウンド観光と消費増加を直接的に主導し、日本経済を活性化させた。 日本の名目GDPはドイツに追い越されながらも2023年に5.7%成長し、3年連続プラス成長を記録し、1991年に6.5%以降最も高い成長率を記録した。

2023年の日本の名目GDPがドイツを追い越した長い根本的な理由は、日本経済の長期的に安定した成長の勢いが不足しているからです。 日本経済は1980年代後半と1990年代初頭のバブル経済崩壊後、長期間の低迷に陥り、ドイツとの経済的格差を持続的に減らしてきた。

IMFデータによると、2000年の日本のGDPは4兆9600億ドルだが、ドイツは1兆9500億ドルだった。 しかし、2020年までにドイツ経済は3兆8,800億ドルに拡張されたのに対し、日本経済は5兆5,100億ドルに若干成長するにとどまっていました。 つまり、日本のバブル経済が崩壊してから20~30年間、日本経済の規模はほとんど変わらなかったのに対し、ドイツ経済はかなりの成長を遂げ、今や日本を凌駕することになった。

信用融資と不動産投機、株式市場投資などで触発されたバブル経済の崩壊は、日本の経済成長が無限に続くという認識も崩れ​​た。 日本は長期的に安定した経済成長動力を求める努力をしてきました。 日本電子産業の競争力が弱まり、人口老齢化、低出産などの問題が深化しています。 伝統的に支配的位置を占めてきた自動車分野で日本の影響力も大きく減少し、世界自動車産業の大きな変化がもたらす機会を捉えられず、世界1位の地位を喪失した。 2023年の自動車輸出国。

日本経済を長期的な低迷から抜け出すために、長期的に安定した経済発展動力を求めることが日本政府の緊急の優先順位となりました。

観差.CN

READ  日本日経指数、円安で自動車メーカーラリー促進
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours