技術

ドラゴンクエストクリエイターホリイを維持、次のメインラインアイテムの簡単なアップデートを共有する

画像:スクエアエニックス

人気のJRPGシリーズの36周年を記念するドラゴンクエストデーが今週初めに行われました。 その一環として、シリーズメーカーのYuji Horiiがファンと特別なメッセージを共有しました。

のための新しいティーザーに加えて ドラゴンクエスト宝プロデューサーはまた、メインラインシリーズで非常に期待される次の項目の更新を共有しました。 ドラゴンクエストXII:運命の炎

明らかに、チームは新しいゲームを作るためにまだ「一生懸命」しています。 幸いなことに、その前に他のドラゴンクエストゲームがたくさんあるので、待つ苦しみを少し減らすことを願っています。 次は彼が言ったことです(ゲマツ経由):

「私たちは建設に取り組んでいます。 ドラゴンクエストXIIしかし、もっとたくさんあるでしょう ドラゴンクエスト 終わるまでお疲れ様でした…みんな応援してくれてありがとう ドラゴンクエスト 堀井悠二の36年シリーズ。

DQXIIのリリース日やプラットフォームはまだ公開されていませんが、ゲームがUnreal Engine 5で実行されることを知っています。

日本スタジオ HexaDrive( ゼルダの伝説:ウィンドウォーカーHD)と同僚日本会社Orca(以前は次のようなゲームで知られていました。 ドラゴンクエストXI S:曖昧な時代のエコー – 決定版) また、Square Enixの開発を支援します。

その間に空白を埋めるために、ホリイは最近のメッセージで、スクエアエニックスが今年「多くの新しいドラゴンクエストタイトル」をリリースする方法について述べました。 これには以下が含まれます。 ドラゴンクエストXオフラインそして、明らかにドラゴンクエスト宝物。 のモバイル版 ドラゴンクエストビルダー 進行中です。

Dragon Quest XII:Flames of Fateは昨年5月に公式にリリースされ、この最新のアップデートに基づいてリリースはまだ遠いです。 今後この新しいメインラインアイテムについてもっと学ぶことを楽しみにしていますか? 以下にコメントを残してください。

READ  iPad Air(2020)は、憎らしいほど「事故」がiPadの選択を難しくした(西田宗ちか) - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close