エンターテインメント

ドラマ「物価ローハン」準備体操が話題真似する人続出原作漫画を再現演出に絶賛の声| ORICON NEWS

俳優高橋一生主演の特集ドラマ「物価ローハンは動かない」の最終話(第3回)が30日、NHK総合で放送された。 最後のシーンは、原作漫画でも描かれたローハンが漫画を描く前に準備体操の様子を映し、ネット上では「ローハンが最後に漫画を描く前に準備体操しており、笑ったw」「後で確認して、私の体操してください!」「最後の姉と一緒に漫画を描く体操たw」「私の母、ウオーターフロントローハンになろうとしている連中w健康体操のかw」と話題になっている。

[사진]その他の写真

この「物価ローハン体操」は、原作漫画「物価ローハンは動かない」エピソード「金持ち村」の先頭に描かれていること。」(手を上げて)手首の角度は直角90度を維持」「それぞれの指は曲げずにまっすぐにを維持」「手のひらを前…肘もすぐに手首の角度は、直角を維持したまま…」「(指を)一本ずつ折る1,2,3,4,5 “”以上の漫画を描く前の「準備体操 “終了”などローハン自身が「準備体操」を説明している。

今日放送されたドラマのエピソードは、「DNA」から「金持ち村」はなかったが、ファンの間で人気の「準備体操」ということもあって、最後のシーンでローハンを演じ高橋が「各指は曲げずにまっすぐに維持」「手のひらを前に…肘もすぐ」など、原作の準備体操を忠実に再現していた。

この姿にネット上では「最終的に手の体操取得とか本当最高だね」「ローハン先生と一緒に体操した」とし「ローハン先生体操難しい」「ローハンせんせ体操がとても効果…」などの反応。 また、今回の実写ドラマ第1話、第2話とファンなら思わず反応してしまう演出がたくさんあったので、「最後の、ローハン体操終わるだろういや、今回も面白かった…」「原作を尊重していることが伝わってドラマでした!大満足””漫画を実写化する成功事例の一つであった」と絶賛の声を上げている。

「物価ローハンは動かない」は、人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのキャラクター物価ローハンを主人公にした物語で、同名漫画が原作。ローハンは「ジョジョ」シリーズの第4部「ダイヤモンドは砕けない」に登場する漫画家で、ターゲット(相手)を本に記憶を「読み取り」の能力」ヘブンズ・ドア」のスタンドを使用するに “物価ローハンは動かない」は、ローハンの漫画執筆のために訪れた取材先のレポートは、不思議な体験を描いたスピンオフ作品である。

READ  サマソニ20年の名演を一挙公開 開催決定

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close