経済

ドルは東京から約¥110.65で弱体化されます

ドルは月曜日、東京取引で約110.65円に下落した。

午後5時にドルは金曜日、同じ時間に110.75円で下落した110.64円を記録した。 ユーロは$ 1.1941に$ 1.1947から下落し¥132.12に下落して¥132.31から下落しました。

110.80円を取引した後、ドルは日本の輸出業者の販売午前半ばに110.70円を超えて低下した。

日経株価の下落と場外取引では、米国の長期金利の低下もドルに負担を与えました。

ディープ枚数は午後いずれかの時点で、米国の通貨を¥110.70に近い上げました。 しかし、ドルはユーロと英ポンドの支持を失った後円の売り圧力を再び受けた。

通貨ブローカーは、「期末要因がポンドの切り上げにつながったことがあります。

プレイヤーは木曜日に発表された供給管理協会の6月の製造業購買担当者指数と金曜日同月労働省の雇用レポートを含む米国の主要経済データを待つために、積極的な取引を控えるした商人は言った。

日本の投資顧問は、「雇用のレポートの前に米国の金利と株価が動かない状況では、ドル – 円の組は方向をとるのに苦労した」と述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

READ  ハーバード教授、「慰安婦」の主張に不和

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close