トップニュース

ナイジェリア、日本の貿易量年間10億ドル、特使| ガーディアンナイジェリアのニュース

松永一義州、ナイジェリア、日本大使は、アフリカの経済大国であるナイジェリアと日本の間の総貿易量が年間10億ドルと言いました。

Kazuyoshiは月曜日KadunaのJajiでMartin Luther Agwai International Leadership and Peacekeeping Center(MLAILPKC)が組織した2週間の著作権侵害防止のプロセスの開始式録画されたビデオを使用して、この事実を明らかにした。

このプロセスは、国連開発計画(UNDP)と日本政府と協力して進めています。 使節は自分の国とナイジェリアの間の貿易量を増やすことができる活動を推進するという決意を表明しました。 彼は失業と貧困を解決するために、量子貿易を促進し、ナイジェリアの経済成長を促進するための努力の必要性を強調しました。

彼はまた、ナイジェリア漁業活動を促進することが経済を活性化すると言いながら国の決意を表明しました。

「日本政府は、ナイジェリア南部地域で漁業振興の必要性を感じています。 日本とナイジェリアは遠く離れているが、海に接続されています。 したがって、ナイジェリアの真の友人として、ナイジェリアの問題は、日本の問題だとすることができる」と述べた。

彼は西アフリカの主要貿易ハブであるギニア湾の海上安全を確保することが、両者の貿易を促進するために必要であると言いました。 彼は、日本政府が海上安全責任者の力量強化をはじめとする様々な措置を通じて、西アフリカの安全保障と人民の生活保護に貢献するために最善を尽くしていると言及した。

Kazuyoshiは次のように述べて: “このプロジェクトは、能力構築に対する日本の貢献の一つです。 今回の研修を通じて、30人の研修生が習得することになる知識を介してギニア湾の安全性を向上させることを願って。

「このプロジェクトはまた、2019年に発表された日本の「アフリカの平和と安定への新しいアプローチ(NAPSA)」イニシアチブの3つの主要な領域の一つである「葛藤に直面した地域の安定化支援」カテゴリに属します。 “

Kazuyoshiは、様々な取り組みを通じて海賊行為を根絶するための継続的な努力について、ナイジェリア政府、ナイジェリア軍、ナイジェリア海洋行政局(FDA)や他の組織に感謝の意を表しました。

UNDPのガバナンス、平和と安全保障チーム長であるMr. Matthew Alaoは、日本政府がギニア湾は、特にナイジェリアのチャネルから著作権侵害と拉致を根絶するために割り当てられた260,000ドルのうち98,350ドルがコースに割り当てたました。

ギニアだけ沿って位置沿岸国は、ナイジェリア、アンゴラ、ベナン、カメルーン、コートジボワール、コンゴ民主共和国、コンゴ共和国、ギニア、赤道ギニア、ギニアビサウ、ガボン、ガーナ、サントメ・プリンシペ、トーゴとシエラレオネ。

READ  発売日を迎えた「Xbox Series X」を体験 - 静かな動作および負荷などの速度が特徴 - CNET Japan

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close