世界

ナイジェリア:3ヶ月前の学校で拉致された若い学生の武装無料スコア

学校の校長Abubakar Alhassanによると、生徒は親が身代金140,000ドル(7000万ナイラ)を支払って誘拐犯にバイクを身代金として与えた後、釈放されました。

子供たちが自由を取り戻した後、記者団に演説しAlhassanは、様々な分野のナイジェリアの人が彼らの自由を確保するための資金を寄付した後、一口たました。

Alhassanは「政府が寄付た個人が寄付しイマーム、牧師も寄付しました。TB Joshuaからの電話を受けたが、彼はクリスチャンだ寄付しました。」と言いました。

しかし、ニジェール共和国、州政府のスポークスマンであるMary Noel-Berjeは当局が誘拐犯との交渉に参加していなかったと言いました。

Mary Noel-BerjeはCNNに、「拉致された学生の親は、政府が身代金(交渉)に参加する準備ができていないことを知って、誘拐犯との交渉しました。

Salihu Tankoイスラム学校Teginaの生徒約136人が5月に総に見舞われた校長は当時CNNに言いました。

しかしニジェール州政府は、金曜日の声明で、「91人の子供と2人の通行人が拉致されており、このうち92人が自由を取り戻したが、残念ながら、子供の一人を失った」と述べた。

声明は、釈放された学生が「壊れやすいし、栄養失調」に見えたいくつかは、家族との再会する前に、「より多くの治療が必要なことだ」と付け加えた。

楽しい再会

釈放されたこれらの7人の子供を持つハウと理事はCNNとのインタビューで、「今日はどのようギプンジ言葉にできない。過去88日間の私は私の子供たちを見ずに死なないこと祈ってきた」と述べた。

また、他の親であるファティマアダム(Fatima Adamu)は拉致された5歳の息子を再見ることができる希望をほとんどあきらめたました。

彼女はCNNとのインタビューから「息子をもう一度見ることを放棄ところだったが..今日の息子と一緒に家に行くので、神様に感謝する」と述べた。

身代金のための拉致は、ナイジェリアの主要なセキュリティ上の問題として残っています。

12月から北部地域で数百人の学生が様々な事件に拉致された。

ニジェール共和国州政府は一連の拉致により「親が子供を学校に送ることを少しも落胆させなかった」と言いました。

脆弱なことに見える教育機関のための追加の攻撃を防ぐために、ナイジェリア北部で数十個の学校が閉鎖された。

READ  インドの閉鎖の圧力が増加します。 サージが再び記録を破る

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close